本文へスキップ

病気の値段(コロナワクチン副反応など)

病気の値段(コロナワクチン副反応など)

コロナワクチンを接種すると、ありとあらゆる病気になります。

予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について
第72回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第22回薬事・食品
衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会
2021(令和3)年11月12日
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000853741.pdf

コロナワクチンの添付文書には下記の文面が書いてあります。
ファイザー
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816320.pdf


モデルナ
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816321.pdf


アストラゼネカ
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000809345.pdf


25.保険給付上の注意
 本剤は保険給付の対象とはならない(薬価基準未収載)


この保険というのは生命保険のことではありません。
ワクチンの費用が「健康保険」の対象外=実費負担ということです。
すなわち、ワクチン接種後に何か副反応が起きた場合は、全額実費負担になります。

「新型コロナワクチンの添付文書に『保険給付の対象外』と書いてある」という話を聞いたら見てほしい記事
https://note.com/miharu_st/n/ncdf6a83194fa





〜病気の値段〜
病気になったらいくらかかるのか?


1回の入院にかかる費用は平均50万円!
2018年度の厚生労働省の調査(医療給付実態調査)によると、わが国では病気になって入院した場合、1回の入院にかかる費用は、約47万〜54万円であることが分かりました。
個人が加入している健康保険の診療報酬をもとに計算すると、私たちが治療を受けたときに健康保険から医療機関に支払われる費用のことで、病気や治療の種類によって細かく金額が決まっています。
実際に私たちが支払うのは、その1〜3割なので、50万円だとすると3割負担の場合は約15万5000円となります。
また、この金額はあくまでも平均であって、高度な治療が必要で、かつ入院期間が長くなりがちな、がんや心臓病、整形外科の病気などになるとその金額は上がります。

※ここから紹介している金額は全て「目安」です。

「大腸がん」
※大腸がん治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、97万4000円(3割負担で約29万2000円。1割負担で約9万7000円)
平均入院日数、12,2日

大腸がん検査の値段
便潜血検査(一次検査):800〜2000円
大腸内視鏡検査(二次検査):1万5500円
CT検査:2万〜4万円
MRI検査:3万円
腹部超音波検査:6000円
PET検査:8万円
大腸がん内視鏡治療の値段
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術:5万〜7万円
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(内視鏡):22万4000円
経肛門直腸腫瘍摘出術:4万1000円
経肛門内視鏡下手術(直腸腫瘍):26万1000円
大腸がん手術の値段
結腸腫瘍切除術:開腹35万6800円、腹腔鏡下59万5100円
直腸切除術:開腹42万8500円、腹腔鏡下75万4600円
低位前方切除術:開腹71万3000円、腹腔鏡83万9300円
切断術:開腹77万1200円、腹腔鏡下83万9300円
がん専門病院に入院したときの値段
1日あたりの入院費(14日以内):2万2340円
内訳)
入院基本料:1万6670円
14日以内の入院加算:5120円
看護師必要度加算:550円
1回当たりの食費(自己負担分):460円
その他に・・・、
大腸がん術後補助化学療法の値段:2万3430円〜11万3960円
緩和ケアを入院して受けるときの値段:3万3980円〜5万2070円
大腸がんステージWと再発・転移の化学療法の値段:21万4180円〜43万3380円
などの費用もかかります。
緩和ケアの値段
外来または一般病棟に入院しながら緩和ケアを受ける場合:通常の医療費+3900円

「胃がん」
※胃がん治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、95万4000円(3割負担で約28万6000円。1割負担で約9万6000円)
平均入院日数、14日


ピロリ菌の検査と除菌の値段
ピロリ菌検査:3000〜1万2000円
ピロリ菌除菌:1次除菌薬7日分6500円、2次除菌薬7日分5000円
胃がん検査の値段
胃X線検査(バリウム検査):1万円
内視鏡検査:1万2000円
生検(内視鏡検査を含む):3万2000円
注腸検査:1万6000円
CT検査(単純CT・造形CT):1万6000〜2万8000円
MRI検査:2万円
PET検査:10万円
胃がん内視鏡治療の値段
内視鏡的粘膜切除術(EMR):6万4600円
内視鏡的軟膜下層剥離術(ESD):18万3700円
胃がん手術の値段
胃切除術(リンパ節郭清あり):開腹55万8500円、腹腔鏡下64万1200円
胃全摘術(リンパ節郭清あり):開腹69万8400円、腹腔鏡下83万900円
幽門保存胃切除術(リンパ節郭清あり):開腹33万8500円、腹腔鏡下45万4700円
噴門側胃切除術(リンパ節郭清あり):開腹40万1700円、腹腔鏡下54万100円
その他に・・・、
胃がん術後補助化学療法の値段:4万2280円〜16万8400円
胃がんステージWと再発がんの化学療法の値段:41万W000円
などの費用もかかります。

「肺がん」
※肺がん治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、85万5000円(3割負担で約25万7000円、1割負担で約8万6000円)
平均入院日数、9,6日


禁煙外来の値段
ニコチンを含まない飲み薬:6万6530円
ニコチンパッチ:4万3620円
肺がん検査の値段
胸部X線検査:1万円
喀痰細胞診:1500〜3000円
気管支鏡下検査:生検なし3万円、生検あり4万5000円
胸部CT検査:造影なし1万6000円、造影あり2万8000円
MRI検査:造影なし1万8000円、造影あり3万円
PET検査:10万円
骨シンチグラム検査:5万5000円
肺がん手術の値段
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
部分切除:60万1700円
区域切除:72万6400円
肺葉切除または1肺葉を超えるもの:92万円
肺悪性腫瘍手術(開胸)
部分切除:60万3500円
区域切除:69万2500円
1肺葉を超えるもの:72万6400円
肺全摘:72万6400円
気管支形成を伴う肺切除:80万4600円
その他に・・・、
肺がん術後補助化学療法の値段:2890円〜7万440円
肺がん化学放射線療法の値段:3万1060円〜7万440円
肺がん地固め療法の値段:56万690円
肺がん化学療法の値段:9850円〜56万6894円
などの費用もかかります。

「乳がん」
※乳がん治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、77万2000円(3割負担で約23万2000円、1割負担で約7万7000円)
平均入院日数、7,8日


乳がん検査の値段
マンモグラフィ:5620円
乳腺超音波検査:3500円
生検:2万5800円
CT検査(単純CT・造影CT):1万6000〜2万8000円
MRI検査:2万円
PET検査:10万円
骨シンチグラム検査:6万円
乳がん手術と術後放射線治療の値段
乳房温存手術(乳房部分切除術):28万2100〜42万3500円
術後放射線治療(25回/5Gy):25〜45万円
乳房切除術:22万5200〜52万8200円
その他・・・、
乳がん化学療法とホルモン療法の値段:6000〜48万2580円
などの費用もかかります。
乳房再建術の値段
自家組織による乳房再建の値段:49万1200円(乳がん切除と同時)、53万5600円(術後半年以降)
シリコン製人工乳房を用いた乳房再建術:25万円(エキスパンダーの挿入からインプラント置換までの総額)

「前立腺がん」
※前立腺がん治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、88万円(3割負担で約26万4000円、1割負担で約8万8000円)
平均入院日数、17,6日


前立腺肥大症の治療と値段
交感神経α1遮断薬:1日70〜100円
ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬:1日210円
抗アンドロゲン薬:1日590円
経尿動的前立腺切除術(TUR-P)20万4000円
ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP):20万4700円
レーザー前立腺蒸散術:19万円
前立腺がん検査の値段
PSA検査:2000〜3000円
前立腺針生検査:4万〜12万円
MRI撮影および超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法:約11万円
前立腺がん手術の値段
前立腺悪性腫瘍手術:41万800円
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術:77万4300円
腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術:59万7800円
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(ロボット支援):95万2800円
前立腺がん放射線療法の値段
強度変調放射線治療(IMRT)による体外照射を行った場合の放射線治療管理料:5万円
強度変調放射線治療:全39回140万円
粒子線治療(重粒子線・陽子線)局所前立腺がん・局所進行前立腺がん:照射回数12回・3週間の治療160万円
組織内照射:48万6000円
その他に・・・、
前立腺がんホルモン療法の値段:590〜7万3220円
前立腺がん化学療法の値段:6万2350円
などの費用もかかります。

「心筋梗塞」
心筋梗塞の特徴的な症状
左胸の強い痛み。背中やあご、奥歯、みぞおち、左肩、左腕の痛み。胸が重苦しい、締めつけられる。息苦しさ、呼吸困難。吐き気や嘔吐、冷や汗が出る。

※心筋梗塞治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、177万5500円(3割負担で薬53万4000円、1割負担で約17万8000円)
平均入院日数、14,1日


心筋梗塞治療の値段
冠動脈内血栓溶解療法:17万7200円
経皮的冠動脈形成術:32万円
経皮的冠動脈ステント留置術:34万3800円
冠動脈バイパス手術:71万5700円
一般病院に入院したときの値段
1日あたりの入院費(14日間以内):2万410円
内訳)
入院基本料:1万5910円
14日以内の入院加算:4500円
1回あたりの食費(自己負担分):460円
心筋梗塞で用いられる薬の例と値段
アスピリン(バイアスピリン)30日分:300円
チクロピジン(バナルジン)30日分:300〜900円
クロピドグレル(ブラビックス)30日分:5100円

「脳卒中(脳梗塞)」
脳卒中を早期に発見する「FASTチェック」
Face(顔の麻痺):顔の片側が下がる。ゆがみがある。うまく笑顔が作れない。鏡を見て、口を「いー」としたとき、口角のどちらかが下がっている。
Arm(腕の麻痺):左右どちらかの腕に力が入らない。しびれがある。手のひらを上にして腕をまっすぐ伸ばし、両腕を肩の高さまで上げたとき、一方の手が下がってくる。
Speech(言葉の障害):短い文がいつも通りしゃべれない。言葉が出てこない。「らりるれろ」「今日はいい天気です」などが言えない。
Time(脳卒中が起きた時間):Face・Arm・Speechのどれか1つでも当てはまったら、発症した時刻を確認して、すぐ救急車を呼び、救急隊員に発症時刻を告げる。

脳卒中の症状
言葉が出てこない、理解できない。ものが二重に見える。フラついてまっすぐに歩けない。片方の目が一時的にものが見えなくなる。片側の手足がしびれる。つまずきやすい。急にめまいがおきるようになった。突然手足から力がぬける。片足を引きずっていると指摘される。

※脳卒中治療にかかる医療費の総額と平均入院日数(手術費、入院費、食事、生活療養費など込み)
※入院日数は、手術を受けたときの入院の平均
平均、159万7000円(3割負担で約47万9000円、1割負担で約16万円)
平均入院日数、31,1日


脳梗塞の治療の例と値段
血栓溶解療法:16万円
抗血小板薬(アスピリン):300円
抗凝固薬(ワルファリンカリウム)30日分:300〜1200円
脳浮腫改善薬(濃グリセリン果糖注射液)1週〜2週間:3150〜1万6240円
リハビリにかかる値段と入院費
回復期リハビリテーション病棟入院費
1日:1万6470〜2万850円
リハビリテーション科
1単位20分:1000〜1450円
1日6〜9単位:6000〜1万3050円
脳ドックの値段
2万〜5万円程度

入院治療でかかる医療費以外の費用
入院したときに必要になる1日あたりの自己負担費用は、平均2万3300円。
最も多かったのは1万〜1万5000円。

入院中の食事代
全国一律で1食あたり460円。
65歳以上の人が慢性疾患などで長期療養型の病床や病院(医療療養病床)に入院した場合は、食費に移住費分370円を加えた生活療養費という名目で支払いとなる。

1日あたりの差額ベッド代
1人部屋(平均):7837円
2人部屋(平均):3119円
3人部屋(平均):2798円
4人部屋(平均):2440円

ICU(集中治療室)
特定入院料として1日あたり14万円弱(7日間以内)〜12万円強(8日〜14日以内)かかります。

テレビ視聴の例と値段
日額方式(1日):300〜400円
テレビカード方式(1枚):1000円

入院時に必要なもの
ティッシュペーパー、洗面用具、下着、タオル、懐中電灯、薬・お薬手帳、ひげそり・爪切り、室内履き、入浴用具・ヘアブラシ。
病衣とタオルのレンタル値段例(1日):400〜500円程度

コインランドリーの値段例(洗剤や柔軟剤などは料金に含まれません)
洗濯(1回):200円
乾燥(30分):100円

がん治療でのウィッグの値段
医療用ウィッグは医療費控除の対象外
がん患者がウィッグを購入する費用は、平均で12万円。購入者が多い価格帯は10万円以下と21万円以上に分かれています。
ウィッグの値段例
2000円台〜30万円台
レンタル250円〜/1日
A社:3万円台〜30万円台
B社:2000円台〜10万円台
C社:2000円台〜9000円台
D社:1万円台〜6万円台
E社:30万円台
F社:250円/1日(レンタル)

乳がん手術直後用の専用ブラジャーの値段例
手術直後用(前開きでソフトなタイプ):3000〜5000円程度
術後の経過が落ち着いた時期用(ノンワイヤー、ワイヤーありの両タイプあり):4000〜1万円程度


※参考書籍
病気の値段が分かる本(御善千代、山本学)





  病気の値段(コロナワクチン副反応など)











※追加ページ



























































































































HP管理人 カズ

このホームページでは、テレビでは放送されることのない新型コロナやワクチンの裏情報だけを集めて紹介しています。

このホームページの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

このホームページは、全てのページがリンクフリーです。
HP管理人に断りなく自由に拡散してください。