本文へスキップ

酸化グラフェン

酸化グラフェン

このページは、酸化グラフェンに関する情報を紹介しています。


COVID-19の正体「酸化グラフェン」スペインの研究グループ COVID-19 IS CAUSED BY GRAPHENE OXIDE 2021/06/25(マタタビの羅針盤)
https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html


緊急発表
続いてLa Quinta Columnaは、皆さんの健康、身体、周辺環境に、極めて重要な情報を提供していきます。
現在、販売され使用されているマスクには酸化グラフェンが含まれています。
当時、販売停止されたものだけでなく、メディアが示したように、PCR検査と抗原検査の両方で使用されている綿棒にも、酸化グラフェンのナノ粒子が含まれています。
アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、シノバック、ヤンセン、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、全てのCOVIDワクチンにも、かなりの量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。
これは、私たちの国の公立大学で使用されている電子顕微鏡や分光法などの技術による分析結果です。
抗インフルエンザワクチンには酸化グラフェンのナノ粒子が含まれており、彼らが準備している新しい抗インフルエンザワクチンや、鼻腔内投与タイプと言われている新しい抗COVIDワクチンにも、膨大な量の酸化グラフェンのナノ粒子が含まれています。
酸化グラフェンは、生体内の血栓を作り出す毒性があります。
酸化グラフェンは、血液凝固を引き起こす毒性があります。
酸化グラフェンは、凝血予備軍に関する酸化バランスを崩すことによって、免疫システムの変化を引き起こします。
どのような投与経路であっても酸化グラフェンの投与量を増やすと、免疫システムの崩壊と、それに続くサイトカインストームを引き起こします。
肺に蓄積された酸化グラフェンは、肺胞管に均一に播種されることによって、両側性肺炎を起こします。
酸化グラフェンは、金属の味がします。
おそらく、あなたは納得し始めているかもしれません。
酸化グラフェンを吸い込むと粘膜に炎症を引き起こし、その結果、味覚が失われ、嗅覚の一部、または全部が失われるのです。
酸化グラフェンは、生体内で強力な磁気特性を獲得します。
これが、世界中のたくさんの人々がワクチンを含め、様々な経路で酸化グラフェンを投与された後に既に経験している時期現象の説明です。
つまり、酸化グラフェンがSARS-CoV-2と思われているものであり、新型コロナウイルスと思われているものであり、COVID-19という病気を引き起こしているものなのです。
実際に私たちは、新型コロナウイルスを本当に分離・精製したことは一度もありません。
それは、各国の最高レベルの保健機関が質問された時に認めたことです。
COVID-19という病気は、酸化グラフェンを様々な投与経路で体内に取り込んだ結果なのです。
酸化グラフェンは、SARS-CoV-2と呼ばれているものと同様に、エアロゾル中では極めて効き目があり強力です。
他の物質と同様、酸化グラフェンにも「電子吸収帯」と呼ばれるものがあります。
これは、特定の周波数では、その物質が励起されて急速に酸化することを意味し、生体内での毒性物質の増殖と、自然の抗酸化物質であるグルタチオンの蓄えのバランスが崩れるのです。
まさにこの周波数は、新しい5Gワイヤレステクノロジーの新しい放出帯域で放出されています。
だから、パンデミックの最中にも、このアンテナの設置が止まることはなかったのです。
実際それらは、これらのアンテナへの国家保安部隊による特別な監視から離れて、維持されていた数少ないサービスの一つでした。
2019年の抗インフルエンザキャンペーンでは、酸化グラフェンはすでに補助薬として使用されていたため、私たちはそのバイアルに導入されていたのではないかと考えています。
その後、世界各地で5Gテクノロジーの試験があり、体外にある電磁場と、体内にある酸化グラフェンの相互作用でCOVID-19病が発症しました。
すべては武漢から始まったのを思い出してください。
ここは、2019年11月下旬に、5Gテクノロジー試験を行った、世界初のパイロットサンプル都市だったのです。
場所と時間が偶然一致しています。
センザンコウも、コウモリスープも、単に注意をそらせるためのものだったのです。
酸化グラフェンの導入目的は、皆さんが想像する以上に不明瞭です。
したがって、あなたがこの情報を理解して、あなたが今まで持っていた病気についての知識を「リセット」することはとても重要です。
政府の最高機関から、国民は自分自身を守るように言われ、しかも、私たちを病気にする可能性のあるもの、病気そのものを強要されています。
論理的には、私たちは現在、病気の原因、もしくは病原体は、正確には化学的毒性物質であり、生物学的物質ではないことが分かっています。
私たちは、それを弱毒化する方法も分かっています。
グルタチオンレベルを上げればいいのです。
グルタチオンは、私たちが体内に蓄えている、天然の抗酸化物質です。
いくつかの詳細を見れば、メディアで報道されてきたすべてのことを完璧に理解することができるでしょう。
子供は、グルタチオンの量が極めて高いです。
そのため、この病気は、子供たちにはほとんど影響を与えません。
65歳を過ぎると、グルタチオンは大幅に低下します。
そのため、COVID-19は、特に高齢者層に蔓延しています。
激しいスポつをしている人たちは、グルタチオンが非常に高いレベルにあります。
そのため、スポーツ選手は0,22%しかこの病気にかかりませんでした。
あなたは今、なぜ数えきれないほどの研究で、N-アセチルシステイン(体内でグルタチオンの前駆体となる)やグルタチオンを直接患者に投与すると、COVID-19の病気がとても早く治ることが示されているのか理解しているでしょう。
これは単純明快です。
酸化グラフェンという毒性物質に対処するためのグルタチオンのレベルが上昇したからです。
La Quinta Columnaが発見したことは、これは国家によるバイオテロリズムの本格的な攻撃であり、少なくとも、全世界の人口に対して政府が共謀し、現在、人道に対する罪を犯しているということです。
あなたが、あなたの医療関係者に、この情報を知らせることは絶対に必要であり不可欠です。
開業医、介護施設、医療サービス全般だけでなく、地元や地域のメディアや報道機関、そして、あなたの周りのすべての人にもです。
La Quinta Columnaは、私たちの国だけでも、彼らが新しい5Gテクノロジーのスイッチをオンにした時、毎日、何万人もの人が亡くなると推計しています。
これを覚えておいてください。
現在、酸化グラフェンが入ったワクチンを接種しているのは、老人ホームの高齢者だけではありません。
皆さんご存じのように、人口の大部分がワクチンを接種しています。
徐々に酸化グラフェンを投与することによって、グラフェン化されているのです。
人体には、この有害物質を排除する自然な能力があります。
だから私たちは、年間3回までの投与を提案されているのです。
グラフェンを体内にとどめておくためです。
私たちは、明らかになったものの一つ一つの証拠を持っています。
正義が果たされようとしている間にも、人々は底なしの断崖絶壁から突き落とされ続けるでしょう。
この視聴覚資料をご覧になっている人は、1年以上もの間、最高機関から完全に、そして何も気づかないまま騙されていたことを理解しているでしょう。
やっと今、あなたはテレビのニュースで見たすべての不自然なことを理解しているでしょう。
この貴重な情報を詳しく知りたい方は、www.laquintacolumna.net または、私たちのTelegramチャンネルLa Quinta Columna TVにアクセスしてください。
そこでは、10万人以上の人々がすでに真実に気づき、自分たちが受けた大規模な欺瞞から抜け出しています。
どうか、この動画をあなたの周りで広めてください。
そして、私たち全員で、私たちを待ち受けている運命、国連2030アジェンダを止めましょう。
私たちにかかっているのです。

https://rumble.com/embed/vgsx87/?pub=4(動画のみ)



ファイザーワクチンの中身99.99%酸化グラフェン Pfizer COVID-19 Vaccine Graphene Oxide Dr Jane Ruby Stew Peters 2021/07/05(マタタビの羅針盤)
https://rumble.com/vjozaj-99.99-pfizer-covid-19-vaccine-graphene-oxide-dr-jane-ruby-stew-peters-20210.html


ジェーン・ルビー博士 2021年7月5日

ジェーン・ルビー博士が登場してくれます。あなたは、あることを発見しました。
あなたは、このスペインの研究者に注目していました。
私たちは、酸化グラフェンの話をしましたが、あなたは今ここで、これは大量毒殺、大量殺人、大量虐殺に他ならないという100%の証拠であると言う準備ができています。

ステュー、私は100%の証拠だと言うつもりはありません。研究者自身でさえ、自分たちの限界を認識しています。
私たちは今、英語に翻訳されたバージョンを持っています。
多くの人々に検証された最も正確に翻訳されたものです。私は、それを読みました。
私は、製薬会社の医薬品開発において、科学論文や研究、中間解析などを読んでキャリアを積んできました。
私は、とても懸念しています。他の皆さんも懸念すべきです。
もしこの研究者たちが、さらに100本のバイアル瓶の調査を行うとしたら、私はそれはすでに完了していると思っています。
彼らはまだレポートを完成させていないだけだと思います。
彼らの事前レポートによると、そのグループは、ラ・キンタ・コルムナ(第五列という意味)というグループで、アルメリア大学と協力しています。
彼らは、ファイザーのバイアル瓶を手に入れました。
法執行機関の人が前に出て入手過程の証明をしてくれました。
それは、ファイザー社のマークと、ロット番号が付いた密封されたバイアル瓶でした。
私はそれを読み上げます。使用期限は2021年の8月でした。
彼らは説明書の指示に従い、そのバイアル瓶から6回分の量に適切に希釈しました。
そしてステュー、ここが衝撃的な情報です。
あなたはすでに聞いたと思いますが、彼らがそれを普通の顕微鏡と電子顕微鏡で調べた時、黒いメッシュが絡みついた球根のようなとても酷い映像が映し出されたのです。
そしてこれが、彼らの見つけたそのバイアル瓶の中にはいっていたものの1回分の量の比率です。
その中にRNA物質が入っていました。
そして、その量は、測定単位は気にしないでください、比率が重要です。
1回分の量の中に、ulあたり6ナノグラムのRNAが入っていました。
酸化グラフェンはどれくらい入っていたと思いますか?
747ナノグラムです。
計算してみてください。
これは99,99103%です。
事実上、99,99%が酸化グラフェンなのです。
これをシェアさせてください。
皆さんに注目していただきたい研究があります。あなたのプロデューサーにもお渡ししています。
タイトルは「グラフェン系ナノ粒子の毒性:起源とメカニズムの一般評論」です。
この論文の中で、これは本当に本当に気になることです。
あなたにも写真をお渡ししています。
非常に複雑に見えますが、実際にはグラフェンシートで何が起こっているかを単純化して描いたものです。
研究者たちがファイザーのバイアル瓶の中身について見つけたことは、それが体内に入って細胞に浸透し始めると、それは脂質ナノ粒子なので細胞に押し込まれ酸化ストレスが発生します。
皆さんはよく抗酸化物質の錠剤を飲むことを気にしたりしているでしょう。
皆さんがワクチンから摂取しているのは酸化ストレスなのです。皆さんが防ごうとしているものです。
これは文字通り、細胞内の全てを破壊してしまいます。
ミトコンドリアを爆発させます。
ヒトの体をレベル10の火事のような状況にします。炎症、サイトカイン、ケモカインなどです。
信じられないほどの激しい反応が起こります。言うなれば、炎症の嵐がやってくるのです。
特に急性肺炎を起こしやすい傾向があります。
これは、心臓組織や脳組織にも炎症の嵐を作り出します。
これは、脳卒中や心筋梗塞に直接結びつくものです。
そして、私たちはこれを妊婦さんや赤ちゃんにも投与しているのです。
これは全員が注目しなければならない重要なことです。

オッケー、質問させてください。
酸化グラフェンは毒ですか?

それは間違いなく毒です。

スペインの研究者たちは、ファイザーワクチンの中身の99%以上が酸化グラフェンであることを発見しました。
合っていますか?

合っています。これが、ここにある理由は、人を殺すこと以外にありません。

オーケー、私は弁護士ではありませんが、少し反対尋問したいと思います。
私の最初の質問に戻ります。
私が、あなたはこれを大量毒殺だと断定すると言ったら、あなたはノー、これは証拠だとは言えないと言いました。
あなたが躊躇する理由は何でしょうか?

それは重要な質問です。私が躊躇する理由は、一般的な限界です。
優れた研究者は皆、自分たちの分析結果の最後に、限界のリストを記載します。
この研究者たちはとてもプロフェッショナルです。
その限界とは、彼らはより厳格な入手過程を示せるようにしたいのです。
彼らは、さらに100本以上のバイアル瓶を持っていると主張しています。
彼らが、それらの入手過程の証明を持っていることを願っています。
彼らは、この電子顕微鏡で分光法のような手法を使っています。
つまり彼らは、工業出版物から光が酸化グラフェンに対してどのように反応するかを知っているので、その方法を使い識別しているのです。
彼らは、具体的にこのバイアル瓶に対して文字通り何百もの検査を行うでしょう。
それが、100%酸化グラフェンであるという化学分析結果を確実に得るためです。
今のところ、酸化グラフェンに見えます写真を見ていただけたでしょうか?
あなたとプロデューサーにもお渡ししました。
私は、3枚並んだ写真をお渡ししました。それらの倍率は異なっています。
検証するために、工業出版物に掲載されている酸化グラフェンと比較してみました。
現在、私たちには(証拠となる)写真がありますが、彼らはさらに一歩進んでこの描写されたものは事実であるということが化学的に確認された、ということを示したいと思っています。
彼らはすべてを検証するつもりです。
もし、これが本当なら、もし、この注射を強要している他の製薬会社がアメリカの4つの製薬会社すべてがこの有害な工業化学物質を99%使用しているとしたら、私は何と言ったらいいのかわかりません。
しかし、今すぐすべてを中止すべきです。これは本当に危険です。

恐ろしいです。聞いていて寒気がします。
なぜメディアがこの件を取り上げないのか分かりません。
つまり、彼らはそれに協力し、皆さんの死を望み、殺人計画に加わっているのです。
これはバカげています。彼らはこれを子供たちに強要したいのです。
彼らはこの酸化グラフェンを打たせたいのです。直接。
質問させてください。
前もって計画された殺人を除いて、彼らが完全に作り上げたこの酸化グラフェンを、人の体内に満タンに入れようとする動機は何でしょうか?
人々に毒を盛って殺す以外にこの物質にはどんな働きがあるのでしょうか?

科学者として考えられる唯一の説明は、これは大規模な、情報提供なしの、同意を得ない、世界規模の実験だということです。
なぜなら、彼らは決してこれを実験的に人間に投与するこはできないからです。
人体実験倫理委員会は、この物質が入ったもののプロトコルを決して承認することはないでしょう。
先ほどお見せした研究、2016年に行われたグラフェンの毒性についてによると、これは動物で広範囲に使用されており、彼らは、注入する量に関係があると言っています。
しかし、注射の99%にこのような有毒物質が含まれているものを作るなんて、他に理由はありません。
もし、その比率が逆で、99%がRNAだったら、それはあまりにも多すぎるでしょうが、ポイントは、酸化グラフェンは0,008%くらいです。
その場合、治療効果があるのかもしれないと言えるかもしれませんが、しかし、それでも、これは今まで人間に使われたことはありません。
ましてや赤ちゃんや妊娠中の女性にも使われたことはありません。

オーケー、メディアについてのポイントに戻りましょう。これも興味深いことです。
まず最初に、これは緊急使用の承認を受けましたね。ではなく、許可ですね。承認と言うべきではありませんね。訂正します。承認されていません。
緊急使用許可が与えられた時、有効性などがメディアで報道されました。誤情報であり、完全な嘘です。
彼らは、これはCOVID-19というコロナウイルスを98,6%殺すのに成功しましたというようなことを言いました。
彼らはそれをどうやって証明できるのでしょうか?
それは嘘だったのでしょうか?彼らは任意の数字をでっち上げたのでしょうか?その文書はどこにあるのでしょうか?
これは本当に、SARS-CoV-2ウイルスを消したり、戦ったりするのでしょうか?

話を初期の頃に戻したいと思います。
PCRテストは、クリスチャン・ドロステンとオルフェルト・ランドによって作られた詐欺です。
コロナウイルスSARS-CoV-2は一度も分離されたことがありません。
そのたんぱく質の配列は一度も実証されたことも、確認されたこともありません。
それが本当に存在すると誰も証明できていません。
去年、何かが存在していたのか?今、何かが飛び交わっているのか?
それは、インフルエンザと様々なタイプの普通の風邪なのか?
答えはイエス、イエス、イエスです。
今まで誰もSARS-CoV-2ウイルスを証明したり、分離したり、確認できていません。
それがまず第一です。それから、もう一つ付け加えたいことがあります。
このグループのスペインの研究者たちは、去年から今までのSARS-CoV-2の様々な症状を見てみると、それらはすべて、体内にある過剰な酸化グラフェンによって引き起こされる症状であると述べています。
肺の中で起きる嵐などです。
ちなみに、現在彼らは準備をしています。
これらの製薬会社は、吸入薬バージョンの「ワクチン」を準備しています。
私たちは神の助けが必要です。なぜなら、それはより強力だからです。
それは肺に直接入り、直ちに肺炎の嵐を起こします。
もし彼らがこのための緊急使用許可を取得したら、私たちは、呼吸器の瞬時に起きる肺炎や急死を見ることになるでしょう。
そして誰もこのワクチンと関連付けられることはないでしょう。

主要メディアや、左派の人たちは誰も認めないでしょう。
「なんてことでしょう、見てください。この呼吸器疾患の大量発生を見てください」
異常です。完全に間違っています。
あなたは委員会、正確な名前は忘れてしまいましたが、酸化グラフェンが入っていたら許可しないと言う、もう一度言っていただけますか?

ニュルンベルク裁判以降、医薬品や病気にかかわらず、人体実験をすることはできません。
人体実験倫理委員会の許可なく行うことはできません。
それは、プロトコルと、インフォームド・コンセントを承認する独立した委員会です。
そして、この注射については誰も本当のインフォームド・コンセントを見たことがありません。

それが、私が尋ねたかったことです。
その独立した倫理委員会が誰であれ、彼らはおそらく何も知らないのでしょう。
なぜなら、その中身が何なのか知らないからです。誰も知りません。
ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、アストラゼネカ、これら全ての会社が、全てのファイルを、全ての薬局に送っている可能性はあるでしょうか
私たちは、薬剤師が白紙のリーフレット、白紙の説明書を見せているのを見たことがあります。誰も中身を知らないのです。
適切なインフォームド・コンセントを得るのは不可能です。誰も中身を知らないからです。
誰も、どんな副反応の可能性があるのか知りません。
なぜなら、そのページに記載されているはずの全ての情報は、意図的に空白にされているからです。
あり得るでしょうか?この中身が実際は何なのかを製造業者以外は誰も知らず、製造業者は、アンソニー・ファウチやビル・ゲイツのような人からどのような処方で、この製品を作るかを指示されていたのです。
ジョン・マグリービー博士が指摘したように、これらの人々は、意図的にあなたを殺そうとしているのです。あなたを殺害しようとしているのです。
彼らは、その技術を持っています。その大惨事を作るレシピを持っています。
そして意図的にこれをアメリカ国民に強要しています。
人口を削減し、人口をコントロールし、男性を不妊にし、女性を不妊にするためです。

そうです。他にも情報が入って来ています。
これからますます増えていくことでしょう。私たちは、その事実について話すことになるでしょう。
体内が十分な量の酸化グラフェンで満たされると、それは体温で温められます。
そこに酸素が送り込まれ、酸素がその中に引きずり込まれるとそれが操作され、あなたの体が振動で影響を受ける可能性があります。
私は5Gネットワークの電気の専門家ではありませんし、5Gネットワークはまだ完全に整備されておらず、展開もされていません。
それについては多くの懸念事項があります。
今のところ、この過剰な有害化学物質による肺疾患や心臓疾患で死亡していない人々が残っているのです。
今後どうなるか見てみましょう。

https://rumble.com/embed/vh2t59/?pub=4(動画のみ)


mRNAワクチンに酸化グラフェンが含まれている証拠 元ファイザー社員 カレン・キングストン Karen Kingston 2021/07/28(マタタビの羅針盤))
https://rumble.com/vkk0a6-mrna-karen-kingston-20210728.html


私たちは、何が入っているのか知りたいのです。私たちは、それが事前に計画されたものなのか、背後にはだれかいるのかを知りたいのです。私たちは、何を信じればいいのか知りたいのです。今日は、私たちが必要としている確証を得ましょう。
文書のファクトチェックは難しいでしょう。一般に公開されている特許のある成分をファクトチェックするのは難しいでしょう。カレン・キングストンをファクトチェックするのは難しいでしょう。
彼女は元ファイザーの社員で、現在は製薬・医療機器業界のアナリストです。
カレン、ご出演いただきありがとうございます。あなたの勇気にとても感謝しています。
裏に隠れている真実を明らかにしたいというあなたの願望は素晴らしいです。その真実は少なくとも私には人類がこれまでに経験したことのない最も邪悪な意図の一つであるように見えます。

私が発見したことをシェアし、真実を広めるための機会を提供していただきありがとうございます。
あなたの言う通り、このような情報を見つけ出しそれを結びつけるのは非常に難しいです。
私はユニークなスキルを持っていて、これが私がこの業界でやっていることです。
私は、知的財産権や製薬会社と消費者の両方にとっての法的状況を分析しています。
また、サイエンスライターとして臨床分析も行っています。
誰もがこの情報を見つけられるようなスキルを持っているわけではありません。
「自分自身でリサーチしろ」という動きは、主流メディアが私たちに嘘をつき、ビッグテックSNSが真実をブロックしてきたという現実から生まれたものです。だから人々は自分でリサーチしなければならなかったのです。
これは憲法修正第1条(言論の自由)に違反しています。

そこに書かれていることは、酸化グラフェンがこの注射の中に含まれているということですね。

100%そうです。反論の余地はありません。これから説明します。
知っておくべきとても重要なことは、全てのmRNAワクチンには、PEG化脂質ナノ粒子と呼ばれるものが含まれているということです。(PEG=ポリエチレングリコール)
それを見ていきましょう。
モデルナの特許を見ると、そこには脂質ナノ粒子製剤を含むと書かれています。
その特許を見ていくと、これからお見せしますが、そこには具体的に様々な成分や英数字コードを持つ様々なPEG化された製剤について書かれています。
モデルナとファイザーが行った[]の第3相試験のFDAへの申請書の中にも書かれています。
また、大西洋の向こうのイギリスでの申請書の中にも書かれています。
ここからが、特許の重要なポイントです。
私は、その特許を読みました。193ページ、プラス添付書類です。
私は、酸化グラフェンを探すためにこの特許を読みました。
特許には記載されていませんでした。なぜなら、それは企業秘密だからです。
ビル・ゲイツが「企業秘密」と言っていたのを覚えていますか?
企業秘密は、公開されているかどうかによります(?) なので、それは特許には載せられないのです。
酸化グラフェンは特許には記載されておらず、それ以外の全てのものが記載されています。
しかし、これには酸化グラフェンが含まれているという証拠と、酸化グラフェンが含まれていることを示す中国の特許をお見せします。
Chemical & Engineering Newsを見ていると、査読のない雑誌があります。私たちは業界のくず雑誌と呼んでいます。どの業界にもあります。
これは基本的に、業界のクジラが人々をだましたり自分たちのやっていることをただ自慢したりしています。
この記事にはすべてのCOVID-19ワクチンに含まれているPEG化脂質ナノ粒子について書かれています。
4つの脂質ナノ粒子があり、これについて説明します。
最初の資質は、コレステロールです。つまりそれは体の[]であり、血液中を流れていきます。
次に、リン脂質があります。リン脂質には[]であり、細胞膜の中に入る透過性があります。
次に、イオン化脂質(?)があります。それは、プラスのイオン電荷を与えてmRNAが突き抜けて細胞内に入るのを助けます。
そして、PEG化脂質があります。
※Pegylated Lipid PEG化脂質:PEG化脂質は酸化グラフェンを含んでいる。PEG化脂質ナノ粒子は中国SINOPEG社の製造。


なぜ彼らがこのようなものを作ったかというと、mRNAは非常に不安定だからです。合成されたものなのか、動物や人間に由来するものなのかに関わらずです。非常に不安定です。80度の気候でも死滅します。日光でも死滅します。あなたが息を吹きかけても死滅します。研究者は皆そう言っています。健康な人の鼻咽頭を通過しても唾液でも死滅します。それは単体では生きていけないのです。それは、この生物圏のようなものが必要だったので、彼らはそれを作ったのです。
そのために、これらの4つの脂質があり彼らは酸化グラフェンを入れたのです。
酸化グラフェンについて興味深いのは、チタンの4000倍の強度があり、華氏1700度の温度に耐えられるということです。つまり、この非常に不安的なウイルス、一本鎖ウイルスを私たちは破壊できないようにしたのです。もしくは、彼らが破壊できないようにしたのです。
PEG化脂質を見てみると、PEGのスペルはP-E-G、これはSINOPEGという会社が作ったもので、その会社は中国にあります。


私がどうやってこのことを知ったのかということですが、ファイザーのEUA(緊急使用許可)申請書を見てみると、そこには4つの脂質が記載されています。
そこには2つずつ記載されていて、全部で4つの脂質が記載されています。モデルナも同様です。
モデルナは、マテリアルセーフティデータシートと呼ばれるものです。
これは、彼らが工業製品で使っているものです。
そこにはCAS番号が入っています。モデルナはSM-102です。
そして、ファイザーが英国に提出した申請書を見ると、そこには2つの脂質の番号が記載されています。
ALC0315とALC0159と呼ばれています。
そこで、MSDSのCAS番号をググってみると、私がこの情報をすべて知っているとは言わないでください。私はそれらの番号を入力してSINOPEGを見つけたのです。SINOPEGとググってSINOPEGを見つけたわけではありません。私は文字通り、MSDS番号を入力したのです。
そのウェブサイトを見ると、それぞれの脂質の、非常に長い、何百もの英数字で書かれた名前を見ることができます。
そして、上の方にCOVID-19ワクチン添加剤(COVID-19 Vaccine Excipient)と書いてあります。


それから、ポリエチレングリコール PEG-2000と書いてありますね。
そしてここにALC0159と書いてあります。この会社は中国にあります。


モデルナの特許を見てみると、あらゆる種類のポリエチレングリコールがPEG-200 PEG-2000と記載されています。
SINOPEGのCOVID-19添加剤の下に記載されているのがわかります。そこにあるのです。中国で製造されているのです。


他にも米国では販売されていないmRNAワクチンがあります。
それらの添加剤も、マテリアルセーフティデータシートのCAS番号で見つけることができます。
グラフェンが何なのかを知りたい場合は、SINOPEGのここで説明されています。
「エネルギー貯蔵高分子誘電体のための、コアシェル構造ポリエチレングリコール、官能化グラフェン:機械的および誘電的性能の組み合わせ」
つまりグラフェンは電気伝導体になることができるということです。


もしグラフェンがプラスの電荷を持つと、これは、NIHやモデルナなどの研究にも載っていますが、もし、グラフェンがプラスの電荷を持つと、接触したものをすべて消滅させることができます。
今は帯電していません。電気的に中性です。プラスの電荷がどのようにして細胞内に入るかというと、それは他の脂質、イオン化脂質です。それは細胞に侵入するためのプラスの電荷を帯びていますが、これらは現在、電気的に中性な場にいます。しかし、もし電磁波があればプラスの電荷が発生し、ダメージを受け死に至る可能性があります。
これらのナノ粒子が人体のどこに行き、どれだけの量が入ったかによります。


酸化グラフェンを分解する抗酸化物質 ANTIOXIDANTS FOR GRAPHENE OXIDE DETOXIFICATION 2021/07/20
マタタビの羅針盤)
https://www.bitchute.com/video/9yEJvX6wvq0j/


この時代に覚えておくこと。
酸化グラフェンを分解する抗酸化物質。
〜中略〜
今まで、私たちが見てきた科学論文から、私たちはあらゆる抗酸化物質
特に優れた抗酸化物質であるグルタチオンが酸化グラフェンを分解することが分かっています。
グルタチオンは酸化グラフェンの毒性をゼロにまで減らすことができます。
私たちはそれを実証してきました。私たちは、予防接種やワクチンや他の物を通して酸化グラフェンに「侵入」された後に、磁気を獲得した人々を通して実験的にそれを証明してきました。
ご存知のように、抗酸化物質の中には酸化グラフェンを分解し、体内のグルタチオンのバランスを回復させるものがあります。毒性のある酸化グラフェンによって引き起こされる酸化ストレスに対する一般的な抗酸化物質には論理的にグルタチオンがあります。
これから私の家にあるものをご紹介します。
私個人の意見では、科学的な論文に基づいた証拠があるので、これらは素晴らしいものだと思います。これらは、添付文書に記載されている用量を守って飲む限り、医学的禁忌のない食品サプリメントです。処方箋も必要ありません。
しかし、個人の特定の条件、持病がある人などは、医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

まず最初は、ブランドに関係なくNAC(N-アセチルシステイン)750mgです。最も一般的なものは600mgです。
N-アセチルシステインは体内でグルタチオンを分泌させます。私は、最も効果的な抗酸化物質だと思います。
予防治療として朝に1カプセルを服用してください。
より深刻な病状がある人は、まず投与量を(医師に)相談する必要があるでしょう。しかし、朝に1カプセル服用するのがいいでしょう。ここで紹介するほとんどのものは朝に服用します。理由は、胃を空っぽにした後、あるいは断食した後、最初に体内に入ったものは吸収率が高いからです。
これは、あらゆる種類のサプリメントでのルールです。
N-アセチルシステインは必須です。

N-アセチルシステインを服用したくない場合は、グルタチオンを直接服用する方法もあります。
私はNACの方が好きです。なぜなら、NACは激しいスポーツをした時と同じように、体内でグルタチオンが分泌させるからです。運動をすると、体内でグルタチオンが分泌されます。体内で100%グルタチオンが作られるのでより効果が高いです。
このグルタチオンですが、経口摂取用に販売されています。朝、1錠、または1カプセルを服用します。しかし、私が読んだところによると、体はそれほどうまく吸収しないようです。個人差や胃の状態にもよりますが、25〜30%しか吸収されないそうです。そのため、N-アセチルシステインと同じ効果を得るためには、より多い量を服用する必要があります。しかし、持っていて損はありません。なぜかというと、それはN-アセチルシステインを1週間服用すると、グルタチオンと交差して服用することが可能になり、代用し続けられるからです。
しかし、先ほど申し上げたようなN-アセチルシステインがベストです。体内でグルタチオンが分泌されるからです。体内でグルタチオンを最適なレベルに維持してくれます。

これも必須の抗酸化物質です。
一番重要なものはN-アセチルシステインとお伝えしましたが、亜鉛もです。
具体的に言うと、これは25mgです。他にも30mg、45mg、50mgの錠剤があります。単純に25mgを2錠飲むこともできます。
亜鉛は、特にアスリートには必要な微量元素で、1日1錠服用します。
朝、N-アセチルシステインと亜鉛を服用します。

この2つの抗酸化物質は、酸化グラフェンを分解するのに必須です。
この2つの抗酸化物質で、私は個人的にワクチン接種後に磁気が発生した人々を助けました。
ファイザーを2回接種した人は、2週間後に磁気が消えました。
これらは抗酸化物質なので、どんな種類の抗酸化物質でも効果があります。
例えば、グルタチオンは最高の抗酸化物質だとしましょう。グルタチオンは、抗酸化力と分解力の点で最も優れています。しかし、他にも非常に強力な抗酸化物質があります。

抗酸化物質リストの2番目は、少し高価です。
それは、アスタキサンチン5mgです。これは市販されている量です。他の抗酸化物質よりも少し高価です。30カプセル入りで24ユーロか25ユーロだと思います。これを飲んでいる人の多くは、視力も改善したと実感しています。
アスタキサンチンは、すでに述べた他の2つの抗酸化物質と一緒に服用することができます。
アスタキサンチンは、甲殻類や貝類にオレンジ色の色素を与えるものです。私たちがワクチンを接種をしたら食べてはいけないと言われていた食材です。理由はお分かりですよね。
アスタキサンチンは通常、藻類からも抽出されます。

もう一つの重要な抗酸化物質は、ケルセチンです。
私たちがこれに関する研究を読んだことを覚えていますか?ラキンタコルムナのウェブサイトにも掲載しています。ブランドに関わらず、ケルセチンの成分配合量が多いものを選んでください。
ラキンタコルムナのブログラムでは、COVID-19の症例をケルセチンで治療し非常に良い結果が得られたという研究を見ました。ケルセチンもとても優れた抗酸化物質です。理由はお分かりですね。
ケルセチンは、グルタチオンや抗酸化物質のレベルを上げて、毒性のある酸化グラフェンによって引き起こされた酸化ストレスに対処します。
スペインのラジオやテレビでは入ってないと言っていますが、酸化グラフェンはバイアル瓶や他の物の中に入っています。例えばマスク、販売停止されましたが、まだ販売されています。それからPCR検査、パップ剤、吸入薬などです。
なぜなら、これらはすべて人類絶滅と死のアジェンダの一部だからです。ですから、ケルセチンも非常に重要です。

申し上げたように、私は、私が個人的に持っているものについて話しています。
もう一つ、世界中にある抗酸化物質は、アスタキサンチンやケルセチンほど強力ではありませんが、とても役に立つビタミンD3です。他の抗酸化物質と同じように朝1錠服用してください。
あるいは、朝30分ほど太陽の光を浴びるのも良いでしょう。とても健康的ですね。日照時間がほとんどない北欧諸国では国民の80%がビタミンD3を服用しています。
1日1錠です。用法・用量は守ってください。すべて朝に服用します。

今、お見せしているこの抗酸化物質は、肝臓と胃を守るのに最も良いものです。
これはオオアザミで、これも非常に抗酸化作用があります。見て分かるように、このサプリメントはほとんど植物から抽出されたものです。中には合成化学物質もありますが、薬理学的、薬効的には化学物質ではありません。
オオアザミは、非常に抗酸化作用のあるサプリメントです。これも服用することができます。胃の保護剤にもなります。カプセルにきれいに包まれています。

そして最後に、放射線防護作用のあるサプリメントをご紹介します。理由はお分かりですね。
メラトニンです。ピュアメラトニンです。
これは1mgです。1,9ミリグラムまでのフォーマットがあります。成分配合量は、ググれば簡単に調べることができます。
メラトニンは、夜に服用します。さらに、メラトニンは睡眠サイクルを整えることができます。なぜなら、まさに電磁場はメラトニンを抑制するからです。電磁場は、体内で自然にメラトニンが分泌されるのを妨げるのです。そのため、睡眠サイクルが変化してしまうのです。メラトニンは、睡眠サイクルの調整に関係するホルモンです。そのため、夜に服用します。

これら全てのもので、あなたはとても高いレベルの抗酸化物質を得ることができます。
通常の状態では、抗酸化物質は高い値を示しますが、年齢、運動、肥満、若さなどの条件により左右されます。若い人はグルタチオンのレベルがとても高いです。しかし、体内に毒性物質があると、独特の疲労感に襲われます。それが、ワクチン接種した人が感じている疲労感です。疲労が起きるのは、毒性物質による酸化ストレスと体内に蓄えられているグルタチオンや抗酸化物質との間で、すでに内部闘争が起きているからです。そのため、毒性物質に対抗する兵士に有利な方にバランスが上がると、そのバランスが回復します。
私たちが、注射を打った家族の中で見てきたように、数日で正常な状態に戻ります。そして磁気は、彼らから消えました。これは、最も重要なことです。
サプリメントは以上になります。

私は、酸化グラフェンが現在ダメージを与えているとコメントするつもりでしたが、今起きているダメージは、5G技術が有効になった数日後に、体に与えるダメージに比べたら大したことはありません。5Gの帯域幅の周波数は体内の抗酸化物質のレベルに対して酸化グラフェンの毒性をかなり増加させます。そのバランスはすぐに崩れ、炎症症候群免疫システム崩壊の引き金となり、数時間以内に酸化ストレスの変化を引き起こし、サイトカインストーム、両側性肺炎など、皆さんがご存じのCOVID-19の重度の症状すべてを引き起こします。
頭の中にすでにグラフェンが入っている場合は、神経系のCOVID-19の症状が出るでしょう。これは、ワクチン接種後に起きる普通の症状です。なぜなら、磁気は腕から頭へ移動するからです。

というわけで以上になります。


酸化グラフェン











※追加ページ









































































































HP管理人 カズ

このウェブサイトの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。