本文へスキップ

フリーページNo.2

フリーページNo.2

このページでは、特定のジャンルにこだわらずネット上で見つけた様々な情報を自由に紹介しています。


こけし
https://twitter.com/dhBGGFoCRYyPo4u/status/1433753589390856192

町の猫@TownCat
https://gab.com/TownCat/posts/106861201927586813

・日本人陽性者は急速に消え、殆ど国籍不明者。
・累積値
国籍不明者:84.4%
日本人  :15.0%
・直近の一週間
国籍不明者:96.2%!!
日本人  : 3.6%






 【2021年9月1日18:00現在の世代別状況】
・陽性者のほぼ100%(98.7%以上:Ct値40-50)が偽陽性
・真の陽性宍感染:ウイルスは架空の存在
・但し、ワクチン接種者のCt値は28(高齢者の陽性者)
・数値の約8割は国籍不明者
・30代は99%が無症状か、軽症
・40代は95%が無症状か、軽症





【日本が使う迷惑珍の概要】
全てのワクチンは治験中のもの。
つまり、全世界の住民に対して人体実験が行われる、という飛んでもないことが白昼堂々と世界中で行われている。
この為、ワクチン接種は
【緊急使用許可】限定になっており。
【緊急事態宣言】下でしか正統化できない。
これが、緊急事態の拡大と延長の理由。

しかも治験中を錦の御旗にロット毎に成分を変えているらしい。
【ワクチンのメニュー表】ワクチン接種の際は次のメニューからから注文しましょう。
1.イチコロロット
2.重症化ロット
3.ジワジワロット
4.マグネットロット
5.プラシーボロット
mRNA迷惑珍接種によって免疫系が破壊され、風邪(コロナウイルス)をひくと死亡する。





【ベテン学:迷惑珍の真の意味】
コロナ禍は実在しない架空のウイルスとそれを検出すると称するPCR検査という二つの武器によって始めたジェノサイドを目的とする超限戦。
そして、最後の武器がジェノサイド用迷惑珍。迷惑珍接種者の平均余命は2年と言われる。







【コロナ禍の分析】
上の二つの言葉で、コロナ禍を分祈してみると、下の表のようになる。
人々は、このようにして詐欺を真に受けて、有りもしないウイルスに怯え、猛毒のワクチン接種に、嬉々として自ら屠殺場に出向いている。
政府は、ワクチンが治験中(人体実験)のものであることを隠蔽し。
「緊急使用許可」状態を造る為に「緊急事態宣言」を挫造しては、
副反応対応体制すら準備せす(健康保険非適用の全額個人負担)。
「コロナ禍の切り札」と識言のように国民を屠殺場に誘導する。
そして、いざ副反応が発生したらたらい回し。
「緊急使用許可」状態を造る為に「緊急事態宣言」を狸造しては、副反応対応体制すら準備せす(健康保険非適用の全額個人負担)。
ワクチンからゴムやステンレス片の異物が見つかっても、安全だと言い張る。
コロナ禍とワクチン接種の扇動は、国家に対する反逆罪。



【PCR検査数操作で感染拡大握造!】
全く無意味なPCR検査数の増減で陽性者数を操作しているだけ。
・PCR検査:何を検査してるか不明
・変異株:何からの変異?(元のウィルスは正体不明)・PCR検査数急増⇒国籍不明者急増⇒緊急事態宣言
・PCR検査数急減⇒国籍不明者急減⇒緊急事態宣言解除
・「感染拡大」期、厚労省が発表するPCR検査数は実数の0.5%程度と考えられる。





【ADE(Antibody Dependent Enhancemen):抗体依存性感染増強】
免疫細胞への感染:1と2とが結合することにより、ウイルスが免疫細胞に感染する。
1.ウイルスのS蛋白質に結合した抗体のFc領域
2.免疫系細胞のFc受容体
FcYRII(CD32)
接種後、別のウイルスに感染する(風邪を引く)と、ADEによってサイトカイン・ストーム(免疫暴走)
が発生して死に到る。


























【コロナ禍を装う超限戦の構造】
【ベラルーシ通信社BelTA:ベラルーシ共和国アレクサンダー・ルカシェンコ大統領の爆弾発言】
世界銀行とIMFがコロナ救済支援の名目で9億4千万ドル(約1,000億円)の賄賂を持ちかけてきた。
賄賂の見返りとしての要求
1.厳重なロックダウンの実施
2.マスクの強制
3.警察国家になること
4.経済の破壊









【ウイルスとPCR検査の握造過程】
ウイルスとPCR検査はWHO−47−クリスチャン・ドロステンチームによって握造された。

世界各国の保健省はウイルスの存在を認めていない。2020年6月中国はSARS-COV-2の唯一の根拠である塩基配列データを削除した。その時点でウイルスも、PCR検査も、変異株も、ワクチンも全て意味を失った。
それにも係わらす、何故か各国は今でも意味を失ったPCR検査の陽性を感染にすり替えて騒ぎ続けるという、極めて奇妙な状況にある。









【コロナ死の真実】
老衰や重篤な基礎疾患。ワクチン接種(免疫破壊)
→免疫力低下
→コロナ・ウイルス(風邪、インフルエン切に罹患、発熱
→入院:PCR検査(陽性なら死亡原因はコロナ死)→肺炎→死亡(死後PCR検査陽性ならコロナ死)

ワクチン接種開始後は、ワクチンによる死亡者が増えている可能性が高い。
但し、何処かの時点でワクチン接種者のCt値だけ28に下げられた結果、ワクチン接種後は、PCR検査陽性にならず、「ワクチン接種との因果関係不明死」になる人もいる。

【死亡原因=新型コロナ】
WHOのコロナ死定義
・PCR検査で陽性になった後死亡した人は、無条件に死亡原因を新型コロナとする。
・死後PCR検査を行い、陽性なら死亡原因を新型コロナとする(交通事故、自殺・・・)

例年、春になればインフルエンザの死亡者は急激に減少するのに、それとは逆に、4月以降突然、迷惑珍接種数|こ比例して死亡者が増え出した。
2021年2月14日:米ファイザーと独ビオンテックが共同闇発したmRNAワクチン 「コミナティ」を特例承認。
2021年2月17日:医療従事者への優先接種開始。
2021年4月12日:65歳以上の高齢者への接種開始;この頃から死亡者急増
5月25日〜6月11日:川崎市幸区の特別養護老人ホーム14名の死亡者(コロナ死扱い)真の原因は迷惑珍と考えられる。
スコットランドでの第3波の死亡者の87%はワクチン接種者。











  フリーページNo.2











※追加ページ









































































































HP管理人 カズ

このウェブサイトの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。