本文へスキップ

ワクチン後遺症解毒法&シェディング対策法

ワクチン後遺症解毒法&シェディング対策法

〜はじめに〜
・コロナワクチン接種者の、ワクチン後遺症の解毒法
・コロナワクチン未接種者の、シェディング被害の対策法
上記2つの解毒法や対策法は、基本的に実践する内容は同じです。

ワクチン後遺症になる人も、シェディングの被害を受けやすい人も、根本的に本人の体質に問題があることによって引き起こされています。

ワクチン後遺症もシェディングの被害も、治すためには本人の体質を変える必要があります。

※最重要!
原因不明・治療法不明の病を治癒する食事(←このページも必ず見てください)
https://www.uracorona.com/disease-healing.html

ワクチン解毒実践編
https://www.uracorona.com/detoxification-practice.html

感染予防の真実
https://www.uracorona.com/shinzitsu-kansenyobou.html

病気予防の真実(感染予防・解毒など)
https://www.uracorona.com/diseaseprevention.html

断食の極意!入門編(前編・後編)
https://www.uracorona.com/fasting-introduction.html

ファスティング(断食)健康法
https://www.uracorona.com/fasting.html

コロナワクチン解毒用サプリなど
https://www.uracorona.com/vaccine-supplement.html

コロナワクチン解毒情報
https://www.uracorona.com/vaccine-gedoku.html

「ワクチン接種後に死亡」のツイート(No.18)←ワクチン後遺症の様々な症状
https://www.uracorona.com/vaccine-death18.html

ワクチンシェディング被害者のツイート ←シェディング(伝播)の様々な症状
https://www.uracorona.com/vaccinator.html


〜ワクチン後遺症を診てくれる医療機関〜
※コロナワクチンは、人類が初めて経験する遺伝子ワクチンのため治療法が確立していません。
※ワクチン後遺症は、現代の西洋医学では治せないので通常の病院(診療所)に行っても治りません。
※ワクチン後遺症は、通常の医師は治し方を知りません。(遺伝子ワクチンに関しての知識が無い)

※ワクチン後遺症の方は、できる限り「ワクチン後遺症」を専門で診てくれる医療機関(診療所など)に行ってください。
※もし家の近くにワクチン後遺症を診てくれる医療機関が無くて通えない場合は、ご自身で食事の改善などして解毒してください。

コロワク治療ナビ
https://corowakunavi.com/


全国有志医師の会
https://vmed.jp/


全国の有志医師の会のサイト一覧
https://coronano.hatenablog.com/entry/20220220/1645282800

企業オーナー有志の会
https://kokoroowner.com/

※コロナワクチンを接種して後遺症になった方や家族を亡くした遺族の方は、下記の「コロナワクチン被害者駆け込み寺」へ連絡をして、将来、国に対して集団訴訟を起こしてください。

コロナワクチン被害者駆け込み寺(Twitter)
https://twitter.com/cov19_kakekomi

コロナワクチン被害者駆け込み寺(HP)
https://567kyusai.com/


ワクチン後遺症相談可能クリニック
HPはコチラ


「新型コロナワクチン後遺症」患者の会
https://vaccinesosjapan.wixsite.com/website

【予防接種健康被害救済制度】申請準備の手引き
申請準備の手引き(PDF)




ワクチン後遺症外来 と 自己免疫回復 情報
https://ameblo.jp/faultisanotherslesson/entry-12713785380.html

ワクチン接種後の副反応等に対応する医療体制について(愛知県HP)
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/iryoutaisei.html


「ワクチン副作用(後遺症)が起きやすい人」と「シェディングの被害を受けやすい人」の特徴
・女性
・高血圧
・アレルギー
・甲状腺機能低下(糖のエネルギー代謝の低下)

他にも
・1日3食食べてる人
・普段の食事でパン(小麦)や牛乳(乳製品)が多い人


この中で、甲状腺機能低下(糖のエネルギー代謝の低下)があると、副作用のリスクが最も高く出ることが分かりました。
実際は、高血圧、アレルギーも甲状腺機能低下の部分症状です。
したがって、甲状腺機能低下、つまり糖のエネルギー代謝の低下があると、コロナワクチンの副作用が起きやすくなるということです。
これは、あくまでも急性のコロナワクチンの副作用のデータですが、中長期に及ぶ副作用(慢性病)も同じく甲状腺機能低下が最大の要因となります。


この甲状腺機能低下は、現代の一般健康ポップカルチャーで流行している糖質制限やケトン食といった糖のエネルギー代謝を低下させる食事によって引き起こされます。
この糖質制限食による甲状腺機能低下は、甲状腺ホルモンの産生及び細胞の取り込みの両方を阻害することになります。
ちなみに、糖質制限のケトン食を開始すると、インフルエンザや新型コロナ、ワクチン副作用とまったく同じ症状が出現します。
具体的には、頭痛、全身倦怠感、吐き気、めまい、集中力の低下、腹痛、体力消耗、貧血症状、喉の痛み、発熱などです。
普段の食事でパン(小麦)などをよく食べている人は甲状腺異常になりやすい。

※糖のエネルギー代謝を高める方法は、ページ後方の「ハチミツ自然療法」をご覧ください。


※ワクチン後遺症の解毒法とシェディング被害の対策法はほぼ同じ。
・コロナワクチンを接種した人は、絶対に次の接種(2回目、3回目、4回目)はしないでください。
・ワクチンの成分が抜けてきても、接種を繰り返すと再びワクチンの成分が溜まり免疫力がどんどん低下します。
・ワクチン接種者でワクチン後遺症の人は、とにかくひたすら解毒をしてください。(何もしないで自然に勝手に治ることはない)
・ワクチン未接種者でシェディングの被害を受けやすい人は、とにかくひたすら体質改善をしてください。



10分で分かる新型コロナワクチン(井上正康先生 講演会ダイジェスト版)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39669633


ファイザー 副反応疑い報告(医療機関)
https://covid-vaccine.jp/pfizer-medi

モデルナ 副反応疑い報告(医療機関)
https://covid-vaccine.jp/moderna-medi

ファイザー注射有害事象リスト【日本語訳】(1291種)
https://ikenori.com/soudan/archives/42313


ワクチン後遺症の症状の主な要因は「血栓」であり血液の汚れによって引き起こされます。


シェディングの被害を受けるときの主な要因は「エクソソーム」に含まれるスパイクたんぱく質であり、他にも、酸化グラフェンや放射線、ホルムアルデヒドなども影響しています。


mRNAワクチンを打った人はあきらめないで。ジュディ・マイコヴィッツ博士が解決策を指南
https://ameblo.jp/tony-9/entry-12683011807.html

世界健康評議会が正式にリリースした「スパイクタンパクのデトックス法」の全文ご紹介(自然感染、ワクチン接種後共通)
https://indeep.jp/wch-spike-protein-detox-guide/

FLCCC | ワクチン後遺症へのアプローチ(治療法など)
https://alzhacker.com/an-approach-to-the-management-of-post-vaccine-syndrome/

COVID-19の予防と臨床転帰の改善における断続的断食の役割はあるのか:炎症、mTOR経路、オートファジー、カロリー制限の交差点(断食についての詳細な解説)
https://alzhacker.com/is-there-any-role-of-intermittent-fasting-in-the-prevention-and-improving-
clinical-outcomes-of-covid-19/


※解毒に関する要点
コロナワクチン接種者でワクチン後遺症の人は、基本的に「mRNA」と「スパイクたんぱく質」と「酸化グラフェン」の3種類を全て分解(解毒・排毒)する必要があります。

コロナワクチン未接種者でシェディング被害を受けやすい人は、主に体質改善をしながらスパイクたんぱく質の分解(解毒・排毒)が必用になります。

両者とも、解毒をするうえで共通して必用なのは「断食(ファスティング)」です。
(断食(ファスティング)をやらないと、治らないか、又は治りが遅くなる)


※断食についてよく知らない方はご覧ください。
断食の極意!!入門編(前編・後編)
https://www.uracorona.com/fasting-introduction.html

ファスティング(断食)健康法
https://www.uracorona.com/fasting.html



※具体的な解毒法
(ワクチン後遺症の人・シェディング被害の人、共通)


1、mRNAの分解(解毒)に効果があると言われているもの
ファスティング(断食)
※コロナワクチンに含まれているmRNAを分解できる方法は断食以外にありません。。

2、スパイクたんぱく質の分解(解毒)に効果があると言われているもの
〜薬〜
イベルメクチン
ヒドロキシクロロキン
注)イベルメクチンなどの薬は、ワクチン後遺症やシェディング被害の症状が出ている時に症状を抑えるために服用するものであって、何も症状が起きてない人が予防のために日頃から毎日飲み続けたりするのはよくない。あくまでも症状が出ている場合に服用する。

〜サプリ・食品・その他〜
二酸化塩素水(スパイクたんぱく質を分解。重金属の排出)
5-ALA(サプリ、又は食品)
緑茶(粉末カテキン)
松葉茶(妊婦・授乳婦はNG)
タンポポ茶(妊婦¥授乳婦OK)
日本酒(5-ALAが豊富に含まれている)
ハチミツ(糖のエネルギー代謝が高まり副作用が起きにくくなる)
檜の香り精油(アロマテラピーなどで部屋の空間を精油の香りで満たすと良い)

3、酸化グラフェンの分解(解毒)に効果があると言われているもの
グルタチオン(サプリ、又は点滴(ワクチン後遺症を診てくれる診療所で可能))
NAC(N-アセチルシステイン)(体内のグルタチオンを増やす効果がある)
日本酒(日本酒のアルコールが酸化グラフェンを分解すると言われている)
酸化グラフェンを排出する「グルタチオン」を含む食品について
https://ameblo.jp/mimi2582/entry-12685167129.html

4、血栓対策に効果があると言われているもの
納豆(ナットウキナーゼが血栓を溶解する)
ハチミツ(血栓を溶かす)

5、放射線対策に効果があると言われているもの
味噌(被曝から守る)

6、その他(後遺症・シェディングに効果があると言われているもの)
亜鉛
マグネシウム
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンD
ニコチン酸・ニコチン酸アミド=ナイアシン=ビタミンB3
アルテミシニン(ヨモギ・ヨモギ茶)
ヨード
重曹
クエン酸
ハチミツ
檜の香り精油
CBDオイル(ネイチャーカン)
https://www.naturecan.jp/

科学的に裏付けられた“CBD”の効果!【自然療法士 ルイ】
https://youtu.be/uxEkNbM-iTc



1、mRNAの分解(解毒):オートファジー(断食)
オートファジーによるmRNA分解の選択性を発見
https://www.titech.ac.jp/news/2021/049626


オートファジーによるmRNA分解の選択性を発見
-遺伝子発現におけるオートファジーの新たな働き-
https://www.titech.ac.jp/news/pdf/tokyotechpr20210419-makino-web.pdf




ワクチン後遺症を本気で治したい方は全ての動画を見てください。
断食・少食・食事の内容についての詳しい説明。


567ワ●チ●接種者に伝えてください!〜拡散希望〜
https://rumble.com/vlk2p6-tell-the-covid-19-vaccinated-person-diffusion-hope-.html


【重要!】567ワ●チ●接種後も生き残れる可能性があります!
https://rumble.com/vo8nnf-importantmay-survive-after-vaccination-with-covid-19.html


【重要!】567ワ●チ●接種後も生き残れる可能性があります!まとめ
https://rumble.com/vochzf-40893963.html


癌の寛解に学ぶ!ワクチン接種者が7日間断食後にとるべき食生活
https://rumble.com/vpev71-42684013.html


後遺症で苦しんでいる方へ ワ○チ○を打った人がとるべき対策とは?【完全版】はじめに
https://rumble.com/
vucv12-for-those-suffering-from-sequelae-what-measures-should-a-vaccinated-person-.html



ワ○チ○を打った人がとるべき対策とは?【完全版】隠されていた赤血球の真実!
https://rumble.com/
vucww0-what-measures-should-a-vaccinated-person-take-complete-version-the-truth-ab.html



ワ○チ○を打った人がとるべき対策とは?【完全版】優先すべきはプラスではなく・・・マイナスの栄養学だった!
https://rumble.com/vuk6ci-51329826.html


ワ○チ○を打った人がとるべき対策とは?【完全版】「空腹」と血糖値のコントロール
https://rumble.com/vuvuy3-51874923.html


神仙堂薬局さんの記事を元に、解毒方法を簡単にまとめてみました。
https://coronano.hatenablog.com/entry/20220202/1643727600













断食の極意!入門編(前編・後編)
https://www.uracorona.com/fasting-introduction.html

ファスティング(断食)健康法
https://www.uracorona.com/fasting.html

医者も知らなかった、ファスティング10大効能(現代医学が全く知らない真理)
1、体質を変える:汚れを追い出す体の大掃除。断食で体の中をクリーンアップ。飢餓ストレスへの反発力が起きる。
2、快感をもたらす:空腹で特殊タンパクが増え記憶力アップ。三食キチンと食べてキチンと病気に。
3、エネルギー利用法が変わる:脳エネルギー源はブドウ糖からケトン体へ移行。α波と快感ホルモンで至福感に至る。半日断食でもダイエットに最適。
4,宿便を排泄する:食べ過ぎは血液をドロドロに汚す。最悪老廃物「宿便」が万病の原因。
5、環境毒素を排泄する:身のまわりは危ない毒物だらけ。断食で尿中に大量の農薬が排泄された。
6、自己融解を起こす:断食で「肉」「骨」が「血」に戻る。詰まった動脈硬化も一発できれいに。血管が若返り、身体も若返る。
7、遺伝子を活性化する:若返り遺伝子19個がオンになった。断食は眠っている遺伝子を起こす。
8、スタミナをつける:一日食べずにリングに上がった力道山。稲刈り競争で半日断食に軍配が上がる。
9、免疫力をあげる:食べないほど自然治癒力は強まる。リンパ球・白血球増加・胸腺等の増大。風邪を引かない76%、花粉症が完治85%。
10、活性酸素を減らす:プチ断食でも活性酸素は13%減る。

断食で治る、消える、正常に戻る、回復する、完治する
風邪、下痢、腰痛、だるさ、骨折、頭痛、歯槽膿漏、便秘、痔、水虫、アレルギー病、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支ぜんそく、乾癬症(かんせんしょう)、高脂血症、高血圧、脳卒中・心臓病、甲状腺疾患、尿胞症、不整脈、狭心症・動脈硬化、腎臓病、人工透析、肝臓病、リウマチ、糖尿病、潰瘍性大腸炎、認知症、肥満、難病、慢性疲労性症候群、心身症、胃潰瘍、腰痛・肩こり、ひざの痛み、冷え性、長寿、ガン、白血病(注)。
※急性骨髄性白血病は断食で治ったという報告がある(ただし、急性リンパ性白血病と慢性骨髄性白血病には断食は無効)


2、スパイクたんぱく質の分解(解毒)

イベルメクチン

イベルメクチンは、あらゆる種類のガンに対抗できる「奇跡の抗がん剤でもある」ことを示す9つの医学論文(すべて査読済み)
https://indeep.jp/ivermectin-is-a-powerful-anti-cancer-remedy/

イベルメクチンの作用機序
1、ウイルスの細胞内侵入を妨げる(ヒトの細胞の受容体ACE2にウイルスのスパイクタンパクが結合するのを阻害する)。
2、ウイルスの複製を阻害(ウイルスタンパクを核内に運ぶ移送物質インポーチン等にも結合し、ウイルスの複製or増殖を阻害する)。
3、重症化を防ぐ(免役を調整することで、炎症や免疫の暴走であるサイトカインストームを抑制し、重症化を防ぐ)。


米国の医師の団体であるFLCCC(救命救急専門医たちが結成した、感染を防ぐプロトコル(治療手順)を開発する非営利団体)は、イベルメクチンを以下の通り評価している。
1、新型コロナウイルスの複製を阻害し、感染した細胞培養において48時間でほぼすべてのウイルス物質を消失させる。
2、感染した患者の家族間のCOVID-19の感染と発症を防ぐ。
3、軽度から中度の疾患でも、発症後早期に治療することで回復を早め、悪化を防ぐ。
4、入院患者の回復を早め、集中治療室(ICU)への入室や死亡を回避する。
5、国民全体に配布・使用されている地域では、症例死亡率の顕著な低下をもたらす。


図1:細胞への吸着および侵入を阻害する。
図2:細胞内での複製を阻害する(メインプロテアーゼ阻害)



図3:インポーチン阻害
図4:抗炎症作用




【ワクチン解毒方法】必要なものと簡単な摂り方
https://www.aboutnursingschools.com/detoxification/

これで安心!イベルメクチンの安全な買い方・購入方法
https://www.aboutnursingschools.com/buy/

開発者が推奨!イベルメクチンの正しい飲み方・服用方法
https://www.aboutnursingschools.com/ivermectin-dose/

イベルメクチン処方病院・クリニック一覧
http://ivermectin.hospital/

BetterHealth(イベルメクチン個人輸入)
http://ivermectol.org
個人輸入は全国対応。自宅に届くまで14日前後掛かります。

KAIGAI-DRUG(検索ボックスで「イベルメクチン」で検索してください)
https://kaigai.ax/

UNIDRU(検索ボックスで「イベルメクチン」で検索してください)
https://www.unidru.com/

BESTKENKO(検索ボックスで「イベルメクチン」で検索してください)
https://www.bestkenko.com/

※個人のイベルメクチン体験談
ヒカル イベルメクチン服用体験
https://twitter.com/hikaru1032


【イベルメクチン導入マニュアル】完全版
https://twitter.com/hikaru1032/status/1430430336429613061

イベルメクチンの購入とサプリメント購入
https://hikaru1042.hatenablog.com/entry/2021/08/25/153954

イベルメクチン飲んだ俺の独断の10のメリット。
https://twitter.com/hikaru1032/status/1368550105175838724




ヒドロキシクロロキン
簡易説明(メデマート)
https://yakuten-ichiba.com/medicine/hydroxychloroquine.php
「ヒドロキシクロロキン」は自己免疫疾患‘膠原病’の一つであるエリテマトーデス治療薬で、海外では関節リウマチの炎症の軽減にも用いられている。
皮膚エリテマトーデスの皮膚症状を改善するほか、全身性エリテマトーデスにおける筋肉痛や関節痛を緩和して、倦怠感など全身症状をやわらげ、抗炎症作用や免疫調節作用により、炎症症状を改善する作用があります。
また、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に対しても亜鉛を介した抗炎症作用、免疫調節作用を発揮する可能性があるとされ、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の抑制作用が示されている。

プラケニル(ヒドロキシクロロキン)の作用機序:エリテマトーデス
https://kusuri-jouhou.com/medi/rheumatism/chloroquine.html
炎症が全身の複数の臓器にわたって起こる病気のことを膠原病(こうげんびょう)といいます。エリテマトーデスは膠原病の一つであり、特に関節や腎臓、粘膜、血管壁など全身に炎症が起こる原因不明の病気を全身性エリテマトーデス(SLE)といいます。
また、全身の臓器ではなく、皮膚だけに症状が表れることがあります。これを皮膚エリテマトーデスといいます。そこで、全身性エリテマトーデスや皮膚エリテマトーデス(円板状エリテマトーデス:DLE)を治療するために用いられる薬としてヒドロキシクロロキンがあります。

膠原病は自己免疫疾患の一つです。免疫は病原微生物の侵入を防ぐなど、感染症から立ち直るために必要不可欠な機構です。ただ、免疫機能が強すぎると体にとって悪い作用が起こります。
免疫は病原微生物を攻撃することで炎症を引き起こし、これ以上の感染拡大が起こらないようにしています。ただ、何らかの原因で免疫が自分自身を攻撃するようになることがあります。関節や臓器、粘膜などを免疫が認識することで、これらの器官で炎症が引き起こされるのです。これが、自己免疫疾患です。
そこで自己免疫疾患の症状を抑えるためには、免疫の暴走を食い止めれば良いことが分かります。免疫の働きすぎによって症状が表れているため、免疫機能を抑制するのです。
ヒドロキシクロロキンについて、詳しい作用機序は現時点で明らかにはなっていません。ただ、免疫が活性化するために必要な細胞同士の連絡を抑えているのではとされています。
・免疫の暴走→自己免疫疾患
・免疫の抑制→炎症の鎮静化
このような考えにより、免疫系に働きかけることによって、全身に起こっている炎症を食い止める薬がヒドロキシクロロキンです。

ヨモギ・スギナは、毒チン解毒のヒドロキシクロロキン成分が入っている!
https://ameblo.jp/kimino-hitomi2kan81/entry-12696857798.html

ポビドンヨードやマラリア治療薬でコロナの感染リスク軽減 シンガポールの研究
https://spap.jst.go.jp/asean/news/210603/topic_na_03.html

〜通販〜
ヒドロキシクロロキン200mg100錠(HQTOR)(ベストケンコー)
通販はコチラ

ヒドロキシクロロキン(アイジェネリックストアー)
https://www.igenericstore.jp/product/31918

ヒドロキシクロロキン200mg100錠(HQTOR)(UNIDRU)
https://www.unidru.com/products/hqtor-200mg

既得権益が隠すヒドロキシクロロキンの有効性について
https://odysee.com/@qarmyjapanflynn:a/Hydroxychloroquine:6?&sunset=lbrytv




MMS(ミラクル・ミネラル・ソリューション)
〜MMS(二酸化塩素)を飲むと、どうなるか〜

●病原菌を殺す
まず、MMSはウィルス、バクテリア、細菌、カビ、イースト、寄生虫といった嫌気性微生物を破壊します。
これらは病気の原因となる病原菌です。
この破壊作用を示す多くの証拠があります。
この破壊作用は、たいてい4時間から4週間の間に起こりますが、ほとんどのケースでは1週間以内です。
この破壊作用にはすべての形態の感染体とその他の微生物が含まれます。
さらに白血病などの血友病も含まれます。
人類を苦しめている病気の大半は病原菌に由来するものです。

●重金属を中和、排出する
次に、MMSは体内の重金属を酸化します。
MMSを飲む前と飲んだ後に実施した毛根検査によって効果が証明されています。
MMSを飲んだ後では、重金属は消失しました。
これらの重金属には、水銀、鉛などが含まれています。
重金属の酸化はキレートのプロセスとは違いますが、結果は同じです。
重金属が酸化されると、中性になって、体外へと洗い出されます。

●体内毒素を中和、排出する
次に、MMSは全身へと搬送されて、通常は人体にとって有毒となる異物を中和します。
この毒物が酸化されるときは中性になってから体外へと洗い出されます。
ほとんどすべての毒性物質は酸性を示しますから、MMSは化学的、自動的にそれらに作用します。
これらの毒性物質は、体内の随所に付着していて、人体の機能を妨げています。
毒性物質が酸化されると、付着していた場所にはもはやとどまることができず、体外へと洗い出されます。

●毒ヘビ、食中毒の毒を解毒、中和する
さらに、毒ヘビなどの有毒な動物の毒素も、MMSを適切な量で摂取することにより、酸化し、解毒することができます。
また、冷蔵庫やレストランに巣食う食中毒の原因となる毒素も、酸化し中和します。
ですので、食中毒の疑いがある場合は、すぐにMMSを摂取してください。

●デトックス効果も
体内にある有害物質の多くは酸性のため、二酸化塩素はそうした有害物質を中和する働きもする。
また、MMS の服用前後で毛根を検査したところ、重金属(水銀、鉛など)が消失したことが分かっています。

●免疫を強化する
二酸化塩素が変化(劣化)する際に生じる化学物質に、免疫システムが必要とするミエロペルオキシダーゼ(MPO)がある。
免疫システムは、このミエロペルオキシダーゼを利用して、次亜塩素酸(hypochlorous acid)を生成している。

MMSが入手できるサイト
「Oxidizers」
MMS (Miracle Mineral Solution) とは?
https://mms12.jp/
MMS1(ClO2), MMS2(さらし粉)
https://mms12.jp/index.php?ClO2
mmsの作り方用い方
https://mms12.jp/index.php?usage
商品
https://mms12.jp/index.php?%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B
注文方法
https://mms12.jp/index.php?%E6%B3%A8%E6%96%87%E6%96%B9%E6%B3%95

「うぶすな41」
http://www.ubusuna41.com/index.htm

MMS(ミラクル・ミネラル ソルーション)とは
http://www.ubusuna41.com/mms1.htm

支配層がなんとしても潰したいMMS(二酸化塩素)は最高のデトックス!(スナメリオ)
https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12621844451.html ←削除されています。

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2153530.html#more ←上記の内容を転載したブログ

21世紀 薬はいらなくなる!
http://thinker-japan.com/mms.html

本当に奇跡なMMS
http://7jigen.com/info/3MMS.pdf

MMS(二酸化塩素)の効力の記事
https://ameblo.jp/m-miracle-supplemet/theme-10075885522.html

MMSと言うサプリメント マスター(ミラクル)・ミネラル・サプリメント情報
http://www.wao.or.jp/maruyo68/runru/mueki/mms/mms.htm

【医者があきらめた末期ガンを、わずか数ヶ月でしかも安価で治せるというMMS(二酸化塩素)】〜EriさんTelegramチャンネルより
https://note.com/nixspiritus/n/n4cc0a127dbee

MMSの効果と飲み方、ジム・ハンブル氏のビデオ、弥勒菩薩ラエルの教える断食
https://ameblo.jp/humipine/entry-11155689149.html

MMS 放射線障害と予防対策
http://141.txt-nifty.com/141/2011/04/mms-mmshiro-cf7.html

驚き!体の中から虫が出た?カビや重金属も?
https://ameblo.jp/gingamugen/entry-12607087236.html

MMS(亜塩素酸ナトリウム×クエン酸=二酸化塩素)の安全性
https://happy.ap.teacup.com/applet/yosimaki/msgcate22/archive?b=8

人類史上最強で安全な解毒剤である二酸化塩素水の作用機序を理解していただくための資料を集めました。
https://ameblo.jp/akisayotei/entry-12739670959.html

ワクチン接種被害・シェディングを二酸化塩素水で改善
https://ameblo.jp/shinjirou17/entry-12735418747.html

二酸化塩素水の作り方 飲み方 ワクチン解毒方法
https://ameblo.jp/akisayotei/entry-12698332006.html

(MMS)二酸化塩素が届いた!
https://yasusoul.hatenablog.com/entry/2021/11/25/131518

MMS健康回復ガイドブック (和訳)総441頁
https://drive.google.com/file/d/1bziD21U3B6RKzwUIQcnWSd9pqqXhQbqY/view

Andreas Kalcker 氏 著 禁断の健康 Forbidden Health (和訳)総448ページ
https://drive.google.com/file/d/1IAuUVwiF66b7cipC052786m0c4GM-5D4/view

SARS-CoV-2コロナウイルススパイク蛋白質の変異体のヒト受容体への結合の阻害、二酸化塩素
https://docs.google.com/document/d/1jBbW6RxXx9iUYc_1J-xAQtpyGgxBQ3zM1TLMsGb8wfQ/edit

COVID19の治療における二酸化塩素の有効性の決定
https://drive.google.com/file/d/1gV2yLM7awizJ3TjVIxLjQfoZ9iu8xWBb/view

人間の二酸化塩素、塩素酸塩および塩素酸塩の制御された臨床評価
https://drive.google.com/file/d/1DkBg3mc_QfvO704MAGGb7Cl85TOPs3SX/view

ワクチン死亡報告書 実験的な COVID-19 の注射に起因する数百万人の死亡と重篤な有害事象の証拠
https://drive.google.com/file/d/1u87F_mgnF5dWriOFyI4C7EUN8DWUNMwc/view

アンドレア・カルケル博士による簡単な二酸化塩素水の説明
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39389579?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2
VyaWVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6MjU0MTYxfX0


二酸化塩素水の効果 新型コロナ重症患者、飽和酸素量71%からの奇跡の回復、45分で!!!
https://rumble.com/vkrlq0--45.html

ワクチン接種被害を二酸化塩素水で改善する:アンドレアス・カルケル博士
https://odysee.com/116:2765c64d03398f6983c0aee021711240deab3c7d?src=embed

治療用の二酸化塩素水、飲料前と飲料後の血液実験の動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39332610?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2
VyaWVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6MjU0MTYxfX0


二酸化塩素水飲用による血中酸素濃度の変化:ボリビアの医師による実証動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39332592

実際、二酸化塩素水は血液に何をもたらすのか?(顕微鏡ビュー)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39305179?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2
VyaWVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6MjU0MTYxfX0


二酸化塩素水が酸化グラフェンによって誘発される磁性を低減するのにどのように役立つかについてアンドレア・カルケル博士の科学的な説明
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39282401?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2
VyaWVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6MjU0MTYxfX0


アンドレア・カルケル博士のボリビアにおける活動の説明(二酸化塩素水によるCOVID-19の治癒と合法化事例)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39238638?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2Vya
WVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6MjU0MTYxfX0


ボリビアの医療大佐フアン・パブロ・オルティス博士が語る二酸化塩素水治療の実績と効果
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39337981

スナメリオさんのツイート
https://twitter.com/sunamerio/status/1301845550472376320


5-ALA
※5-ALA「5-Amino Levulinic Acid」(5-アミノレブリン酸)が正式名称
スパイクタンパク質を分解。
5-ALAは、人や動物、植物などあらゆる生命体で作られているアミノ酸なので毒性はない。人の体内では17歳をピークに減少していくとされている。
ALAに期待できる可能性:「アンチエイジング」「体温が上がる」「代謝が上がる」「内臓脂肪が減る」「ガン予防の可能性」

天然のアミノ酸で、動物や植物の細胞内で作られている。
5-ALAは、食品を食べることで摂取も出来るし、体の中でも作られている。
5-ALAの役割はヘムの元になることです。(ヘムとは、ポルフィリンと鉄から生合成される成分)
ミトコンドリアの中で5-ALAが8個結びつくとヘムの元になり、更に鉄と結びつくとヘムになります。
ヘムは、酸素を体中に行き渡らせるヘモグロビンの中で活躍したり、食物と酸素からエネルギーを取り出す時の中心的な存在で、生きていくためには必要不可欠です。
5-ALAは、日本酒に多く含まれている。




WithコロナD 5−ALA 長崎大学が研究する新型コロナに有効なアミノ酸
https://youtu.be/l1vAPjf8yjs



【寄稿】日本酒にも含まれるアミノ酸(5-ALA)がコロナを100%阻害!?
https://www.sakagura-press.com/sake/covid_19_5_ala/

【続報】日本酒にも含まれるアミノ酸(5-ALA)とコロナの関係!!
https://www.sakagura-press.com/sake/covid_19_5_ala_v2/


緑茶(粉末)
強力な「抗酸化作用」で、認知症、脳梗塞、がんが50%減少すると報告されている。
緑茶は、渋みのある「カテキン」が抗がん作用、苦みのある「カフェイン」が集中力、旨味のある「グルタミン酸」が体内で「キャバ」になり血圧を下げ、ビタミンCがレモンよりも4倍含まれている。
ビタミンCには強い抗酸化作用がある。
緑茶のカテキンは酸化を防ぎ、さらにがん、認知症、脳梗塞、高血圧、糖尿病、肥満、アレルギー、食中毒などを予防する。
カテキンとビタミンEは「血液脳関門」を通過でき、脳神経細胞や細胞周囲の酸化を抑える。
緑茶を1日5杯以上飲むと、前立腺がん、認知症、脳梗塞が50%減少する。
紅茶には緑茶と同様、がん予防効果があり、紅茶を1日2杯以上飲むだけで、1杯以下しか飲まない人と比べて、卵巣がんのリスクは32%低くなる。
お茶カテキンが、発がんの各過程を抑える仕組み。
A、発がん物質に作用し、発がん性を無くす。
B、発がん物質と結合し細胞内に入れない。
C、発がん剤による突然変異を防ぐ。
D、突然変異が起こっても正常に戻す。
E、「発がん」→「がん促進」→「がん発達」を抑制する。
つまり、お茶は「正常細胞がん化A〜Eの、あらゆる過程を抑制する」。
カテキンの薬効。
1、抗酸化で万病を予防する。
2、DNA突然変異を防ぐ。
3、細胞のがん化を抑制する。
4、血圧、血糖値を正常に。
5、腸内の善玉菌を増やす。
6,虫歯・口臭予防
7、肥満予防
8、悪玉コレステロールを減らす。
9、アルツハイマー予防(お茶成分テアニンは、神経成長因子の合成を促進、神経が再生する)
10、ウイルス等に抗菌作用(お茶によるうがい)



松葉茶(スラミン)
スラミンとは松の葉からの抽出物で、コロナワクチンの副反応に効果があり、ワクチンを解毒し、遺伝情報の書き換えに関わる酵素を阻害し、さらにはワクチン接種者の呼気・皮膚から排出されるスパイクタンパク質による二次感染を防ぐ可能性がある物質です。
スラミンは、合成医薬品で注射・点滴により静脈に注入するスラミンと、松の葉に自然に存在するスラミンがあります。
スラミンは、アフリカ睡眠病や河川盲目症の治療に100年以上使用されてきた薬です。スラミンは、ジカウイルスやチクングニアウイルスなど、さまざまなウイルスに対する阻害剤であることも示されています。これは、複数のウイルスに対するさまざまな作用機序を示しています。

たとえば、ウイルスのキャプシドタンパク質との相互作用により、宿主細胞からのウイルスの付着、侵入、および放出を防ぐことができます。最近の研究では、ウイルスの侵入を防ぐことにより、細胞培養における SARS-CoV-2 感染の in vitro 阻害剤であることが示されています。現在の研究では、これは、ウイルスのライフサイクルに不可欠な酵素である SARS-CoV-2 RNA 依存性 RNA ポリメラーゼ (RdRp) の強力な阻害によるものであることが示されています。

スラミン
スラミンは、松の葉に含まれる物質です。
松葉茶を1日3回飲むことで、静脈注射した時と同じ効果が期待できます。
とても強力な抗酸化作用があり、酸化ストレスの原因であるフリーラジカルを中和します。
松の葉はビタミンCが豊富なため、1536年、フランス人探検家のジャック・カルティエは、船員の重度の壊血病に松葉を使用したと言われています。
その他にも、松の葉は以下の症状にも有効です。
視力回復、歯肉炎・歯周病、風邪、炎症、呼吸系疾患、心疾患、水虫、リウマチ・関節炎、鼻炎、アレルギー疾患、高血
など。


松葉茶の作り方
葉茶に使う松の葉は、枝の先端の方の新しく比較的柔らかい葉を採取します。
採取した葉をよく洗い、ハサミで小さく切ります。
切り口からスラミン、シキミ酸、栄養素などがお茶に溶け出します。
コップ1杯に対し、大さじ1?3杯の松の葉を沸騰しているお湯に入れ、15分ほど加熱します。
このお茶を1日3杯飲みます。

松葉茶の注意点
妊娠中の方は早産のリスクがあるため、松葉茶の摂取は控えてください。
薬を服用されている方は、薬とスラミンが相互作用を示す場合があるため、注意してください。
松にアレルギーがある方も、注意してください。
スラミンは非常に解毒作用が強いため、松葉茶を常飲するのであれば少量にとどめておいた方が良さそうです。
急速なデトックスは肝臓や腎臓の負担になる場合があり危険です。
また、授乳中の方、お子様も控えるか、摂取するにしても少量から始めて様子を見る必要があります。
母乳に毒素が混入してしまう、子どもの未発達な解毒器官に負担がかかる、必要な栄養素まで排出してしまうことを避けるためです。
スラミンは医薬品やサプリメントとして認可されておらず、研究データもないため、許容摂取量などは定められていません。
摂取の際は、自己責任でお願いします。

松の葉は、お茶以外にも、
松葉ジュース
松葉クッキー
松葉インフューズドオイル
松葉インフューズド酢
松葉発酵液
松葉シロップ
松葉の足湯
など、いろいろな使用方法があるそうです。

新型コロナウイルスワクチンの解毒剤「スラミン」は松の葉の抽出物
https://baby-skin-rash.com/2021/06/03/antidote-suramin-for-covid-vaccine/



タンポポ茶(妊婦さん、授乳婦さんOK)
タンポポ茶はコロナウイルスの肺細胞への感染を効果的に抑制することが確認された。タンポポ茶には、松の葉抽出物に含まれていたシキミ酸は含まれていない。つまり、タンポポ茶は妊婦や授乳婦も安心して飲める防衛策ということだ。
タンポポ (セイヨウタンポポ Taraxacum officinale L.) の根の成分は、in vitro研究で抗酸化作用と抗血小板作用を示します
「タンポポ(タラクサカムオフィシナレL.)根成分が抗酸化および抗血小板作用(※)を示す」ことを示しています。サルク研究所によると、SARS-CoV-2の酸化および血小板作用は、脳卒中、心臓発作、偏頭痛、血栓およびすでに何千人ものアメリカ人を殺している他の有害な反応を含む熱心な患者と熱心なワクチンレシピエントの血管損傷の原因である。サイエンスダイレクトの研究が示しているのは、タンポポは「5つの関連する突然変異/変異体を含む、ヒトACE2細胞表面受容体へのスパイクS1のタンパク質相互作用をブロックする」「抗血小板」になる能力を有することである。?(※抗血小板作用とは、血栓の生成を防止すること ・血小板の凝集を阻害すること)
スパイクタンパク質は、血液を通して循環すると、血小板、血管の上皮細胞と結合し、血液凝固、出血、心臓病、脳の血液凝固などの障害を引き起こす病原性毒素です。
研究によると、タンポポの根成分には抗酸化作用と抗血小板作用(血栓の生成を防止すること ・血小板の凝集を阻害すること)がある。



3、酸化グラフェン分解(解毒)

グルタチオン
グルタチオンとは何か
グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸から成る小さなタンパク分子です。

グルタチオンの働きとは?
グルタチオンは細胞を損傷から守るだけでなく、有害物質の解毒も助けてくれます。
その研究の歴史は100年にも及び、10万本を超える科学論文によって、細胞の正常な機能と免疫系の健康を維持し、老化のプロセスを遅らせる上で、細胞内グルタチオン濃度の維持が1つの重要なカギとなることが立証されています。

グルタチオンがもつ5つの有用性
抗酸化物質である。グルタチオンは細胞に含まれる主要な抗酸化物質で、細胞を損傷から守ります。また、ビタミンCやEなどの他の抗酸化物質を再利用し、適切に利用する上でも欠かせない物質です。
免疫系に作用する。グルタチオンは免疫細胞を守るだけでなく、直接的な抗ウイルス作用もある程度発揮します。また、免疫系内のバランスを調整する上でも極めて重要です。免疫系が不活性化しているときはその機能を高め、過剰反応しているときはバランスを回復させます。
ミトコンドリアに作用する。グルタチオンは、ミトコンドリア(細胞内でエネルギーを作り出す器官)が機能する上で、非常に重要な役割を果たします。
細胞の機能にとって不可欠である。グルタチオンは、多くの細胞タンパク質の生成、DNAの合成と修復、細胞の機能全般に関わる細胞酵素の活性化と制御、そしてビタミンD3の適切な作用にとっても必要な物質です。
解毒作用をもつ化合物である。グルタチオンは、体内に存在する最も効果的な解毒剤だと言えます。不要な毒素、汚染物質、化学物質、重金属、薬物代謝物に結合し、尿や消化管を通じて排出します。

体内のグルタチオン濃度が下がると何が起きるのか
毒素、薬剤、環境汚染物質、その他酸化損傷を引き起こす化合物を摂取した場合だけでなく、人は年を取ると、グルタチオン濃度が低下する傾向にあります。アセトアミノフェン(例:タイレノール)を摂取するといった単純なことでも、グルタチオン濃度が急激に低下する場合があります。グルタチオン濃度の低下は、老化の進行やほぼ全ての慢性疾患、特に認知機能の低下や2型糖尿病など、老化に関係する多くの慢性疾患と関連があるとされています。

加齢が深刻な病気や合併症、そしてウイルス感染症などさまざまな原因による死亡の危険因子であることはよく知られています。グルタチオン濃度が低下すると、細胞はより酸化損傷を受けやすくなります。また、免疫系だけでなく、気道や消化管の保護膜が損なわれる可能性もあります。

同様の機能障害は、以下の病気でも見られます。

慢性腎臓病
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
臓器移植による免疫不全状態(免疫系の弱体化)
肥満(ボディマス指数 [BMI] 30以上)
心不全、冠動脈疾患、心筋症などの深刻な心臓病
鎌状赤血球症
2型糖尿病

免疫の機能においてグルタチオンが果たす役割とは?
免疫系の健康に特に注目が集まっている現在、感染症を予防する上でグルタチオンがいかに重要かを理解することが大切です。研究でかなり明らかになっていることは、細胞内グルタチオン濃度が高い人は、ウイルス感染症に対して適切な反応を示すという関連性が存在することです3。この効果がもたらされるのは、グルタチオンが免疫細胞を損傷から守り、ウイルスに対する防御に不可欠な免疫機能を高めてくれるからです4。グルタチオンには直接的な効果もあり、さまざまなウイルスに対して、そのライフサイクルの異なる段階で複製を阻害することが示されています5。グルタチオンがもつこれらの抗ウイルス作用が、ウイルス量の増加を抑え、一部のウイルス性疾患で見られるような炎症細胞の肺への大量放出を防止するのに役立つと考えられます。


NAC(N-アセチルシステイン)
NACとは何か、そしてそれがグルタチオン濃度を上昇させる仕組みとは?
N-アセチルシステイン(NAC)は、システインというアミノ酸の一種であり、システインはグルタチオンを構成する主要なアミノ酸です。NACをサプリメントとして摂取すると、組織内のグルタチオン濃度が上昇します。グルタチオン濃度が上昇すると、肺、気道、そして消化管を損傷から保護する作用として機能します。このことからも、グルタチオンは有益と言えます。また、NACは、アセトアミノフェン(タイレノールR、パラセタモール)中毒の治療薬としても好んで利用されています。アセトアミノフェンは代謝により毒性物質に変化し、肝臓に蓄えられているグルタチオンを枯渇させ、その結果、肝臓に損傷を与えます。濃度が十分に高い場合や、アルコールの摂取と組み合わさった場合は、アセトアミノフェンによるこのグルタチオンの枯渇が致命傷となることもあります。

NACはまた、粘液調整剤の役割も果たします。経口摂取による利用においても素晴らしい効果を発揮してきましたが、それだけでなく、病院でも、気腫、気管支炎、慢性的な喘息、膵?胞線維症といった急性および慢性の肺疾患に伴う、粘液の分泌が非効率になったり粘度が高くなってしまった患者さんに対して、呼吸管を通じた吸入が行われてきました。

NACは、気管支分泌物の粘度を下げるのに役立ちます。また、NACは、気道の繊毛が粘液を除去する能力を改善し、除去率を35%増加させることもわかっています。こうした働きの結果として、NACは、気道で問題が発生した場合に気管支と肺の機能を向上させ、咳を抑え、血液中の酸素飽和度を改善することができるというわけです。

保護効果に期待し、肺中のグルタチオン濃度を高めたい場合の一般的な摂取量は、1日500〜1,000mgです。粘液の粘度を下げるために使用する場合は、200〜400mgを1日3〜4回摂取するのが一般的です。


NACとグルタチオンが免疫系やその他の健康にとって重要である理由
https://jp.iherb.com/blog/why-nac-and-glutathione-are-important-for-immune-health-and-more/935


4、血栓対策(脳梗塞、心筋梗塞などの予防)

納豆
納豆の薬効
1、ナットウキナーゼやレシチン、リノール酸などの働きにより、血液を浄化し、良質のタンパク質で血管をしなやかで丈夫にする。高血圧や脳卒中、心臓病、動脈硬化の予防に効果がある。
2、人体細胞の活性化に必要な良質の大豆タンパクや大豆レシチンが細胞の働きを活発にさせ肌を若返らせる。
3、大豆に含まれている食物繊維が大腸内に理想的な腸内フローラを作り便通をよくして健康体の保持に役立っている。

納豆に含まれる2つの成分(ナットウキナーゼ と食物繊維)が、糖尿病の合併症である血栓による脳梗塞や心筋梗塞、腎症や神経障害といった疾患の発症予防に効果的です。

血液をサラサラにして、血栓(血の塊)ができるのを予防する食品は、数多くあります。
タマネギやニンニク、イワシやサバなど青魚がよく知られています。
しかし、できてしまった血栓を溶かす食品は、現在のところ、納豆だけしか確認されていません。
納豆の特徴であるネバネバには、「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれています。
ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフィブリンというたんぱく質を溶かす働きがあります。
そもそも、納豆菌が大豆のたんぱく質を分解し、発酵することで納豆ができるのですから、ナットウキナーゼが血栓を溶解するのも、十分理にかなっています。

私たちの体は、皮膚に傷がつくと、血液を固めてかさぶたを作り、傷口を修復します。
同様に、血管内に傷ができると、血栓によって傷口が修復されます。
健康な状態なら、傷を修復したあとに、血栓を溶かす酵素が分泌されます。
ところが、加齢やストレスにより、この機能が衰えると、血栓が溶けきれずに残ってしまうのです。
脳や心臓の血管に血栓が詰まると、脳梗塞や心筋梗塞を発症します。
また、血栓が血管内に詰まったり、血液自体がドロドロになったりすると、流れが悪くなり、血圧は上昇します。
ですから、血栓溶解を促す栄養素を積極的にとり入れることが重要なのです。
血管内の血栓が溶ければ、当然ながら血液の流れがよくなります。
そのため、高血圧の改善も十分期待できるのです。

ナットウキナーゼは、1980年に日本人研究者が発見し、その血栓溶解作用が注目されて以来、世界中で研究が進められています。
なかには、ナットウキナーゼの作用は、脳梗塞などの緊急時に用いられる血栓溶解薬(t‐PA)よりも強いという報告もあります。

納豆を加熱調理をせず食べる。
先ほどナットウキナーゼについてご紹介しましたが、ナットウキナーゼは熱に弱いという特徴があります。
ナットウキナーゼの血栓を溶かす作用を味方に付け、合併症予防に活かすためにも、納豆は熱を加えず食べるようにしましょう。
また熱いご飯の上に納豆を乗せると、徐々に納豆にご飯の熱が伝わっていきます。ご飯と納豆は別々の器で食べることをお勧めします。

【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用
https://kenka2.com/articles/1507

納豆は血糖値の抑制や血栓の予防などに有効?効果的な食べ方やレシピを紹介
https://www.health2sync.com/ja/company/blog/diabete-natto

日本ナットウキナーゼ協会
http://j-nattokinase.org/nattokinase/



※ワクチン接種後、血栓が起きてないか病院で調べてもらうことができます。


5、放射線対策(被曝の予防)

味噌
肝臓がんの発生率が味噌を食べていると約3分の1に激減する。赤味噌、白味噌に含まれる脂肪酸エステルが発がん物質を無毒化する。
味噌は放射線被ばくから体を守ってくれる。味噌を食べていると細胞の生まれ変わりが早い。熟成度の高い味噌ほど効果は大きい。
味噌の七徳。
1、抗がん作用
2、動脈硬化(脳卒中、心筋梗塞など)予防
3、放射性物質を排毒
4、老化・認知症の防止
5、糖尿病、肥満、便秘を解消
6、美白効果(シミ・ソバカス防止)
7、自律神経を正常に

「味噌の放射線防御作用」が着目されたのは、痛ましい実体験がきっかけでした。1945年長崎に原子爆弾が投下された際、爆心地より1.4kmにあった病院で被ばくした秋月辰一郎医師(享年89歳)は、「私といっしょに、患者の救助、付近の人々の治療にあたった従業員にいわゆる原爆症が出ない原因の一つは『わかめの味噌汁』であったと私は確信している」と、『体質と食物―健康への道』(クリエー出版部)に残しています。この話は、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の際にヨーロッパ諸国に広まり、味噌の輸出量が急増しました。

「大量の放射線を一度に浴びることは、事故以外にはめったにあることではありませんが、低レベルの放射線を長い間浴び続けると、がんや皮膚障害、造血機能障害などを引き起こすこともあるので注意が必要です。


味噌博士・渡邊敦光先生に聞く!味噌が放射線の害を防ぐってホント!?
https://www.shinsyuichi.jp/misolibrary/detail/133

味噌の放射能除去
https://ishiimiso.com/miso/science/radioactivity-removal

味噌のがん予防
https://ishiimiso.com/miso/science/cancer-prevention

醸造味噌で動脈硬化予防
https://ishiimiso.com/miso/science/atherosclerosis-prevention






6、その他(ワクチン後遺症・シェディング対策)

亜鉛
亜鉛には抗酸化特性があり、細胞媒介の免疫機能に重要な役割を果たしmRNAのサイトカインのレベルを調節します。また、亜鉛は、癌細胞の遺伝子転写を制御しmRNAの発現、mRNAの成熟と安定に必要な鍵酵素とたんぱく質を全体的に下方制御します。そして、植物性化合物の亜鉛フィンガーたんぱく質はmRNAの作用を停止させると考えられています。
・亜鉛が多く含まれる食材(アサリ水煮缶、牡蛎(かき)、牛肉、高野豆腐、レバー)
1日の推奨摂取量は10mg。水煮缶のアサリなら6粒、牡蛎なら3粒、牛肉ならステーキ1枚。
亜鉛はさまざまな細胞の形成に関わっているので、亜鉛が不足するだけで、味覚障害、皮膚炎、脱毛、白髪、爪病変、貧血、発育障害、性機能障害、低血糖、免疫力低下、うつ、慢性炎症などさまざまな症状を引き起こす。
〜亜鉛の働き〜
・活性酸素を除去する
・細胞分裂を正常におこなう
・皮膚を守る(アレルギーに対抗)
・視覚、味覚、嗅覚に働く
亜鉛は細胞の正常な成長、分化、増殖を機能させる欠かせない栄養素です。
ジャンクフードや清涼飲料水を口にすると体内から亜鉛が抜けてしまいます。ウインナー、ソーセージ、かまぼこなどの練り物に含まれる亜硝酸塩によっても亜鉛がもっていかれてしまいます。飲酒によって亜鉛が体内から抜けてしまうというのは、生化学や生理学では一般的な話です。
〜亜鉛不足の症状〜
・疲れやすい、風邪を引きやすい
・食欲不振
・抜け毛
・皮膚症状(ただれ、水泡、乾燥、膿痂疹(のうかしん))
・爪に白い斑点がある
・傷の治りが遅い
・生殖能力の衰え
・下痢
・知覚過敏
・精神神経症状(無欲化、情緒不安定、行動異常、震え、記憶障害)
・鉄欠乏性貧血
・活性酸素障害
・血糖調節異常

※亜鉛を多く含む食品
亜鉛の効果と亜鉛不足について【症状・摂取量・食べ物・治療】
https://soujinkai.or.jp/himawariNaiHifu/zinc-deficiency/




マグネシウム
マグネシウムの効果・効能
マグネシウムは人間の体内にある300種類以上の酵素を活性化させる働きがあり、栄養素の合成や神経伝達などにも深く関わっています。血液の流れをスムーズにするために働くほか、血圧を調整して高血圧を防ぐ働きもあります。
また、マグネシウムは筋肉の収縮と弛緩にも重要な役割を果たし、血栓ができるのを防ぐため、心筋梗塞や動脈硬化などの成人病の予防や、腸のぜん動運動を調整する手助けもするので、便秘解消の効果も期待できます。
さらにマグネシウムは、骨や歯の健康にも重要な役割を果たしています。これにはカルシウムとの連携が必須で、マグネシウムはカルシウムが骨や歯に届くように調整しており、これによって骨の代謝がスムーズに行われるようになり、骨に弾力を与えて丈夫にします。
カルシウムを摂取するとマグネシウムも必要になるので、この二つの成分をバランスよく摂取することが骨の健康維持には大切なことです。
また、神経の興奮を抑える働きもあるため、何かとストレスの多い現代社会において非常に大切な成分として期待されています。

マグネシウムの摂取量が少ないと、生化学的経路に変化を生じて、疾患のリスクが高まります。[※1]心血管疾患、高血圧症、2型糖尿病、骨粗鬆症など、現代人を悩ませるいくつもの疾患に対して予防の効果を発揮するのがマグネシウムです。健康で長生きをしたいと願う多くの方の心強い味方となるでしょう。
女性の方で便秘に悩んでいる方は多いと思いますが、マグネシウムは腸のぜん動運動を活発にし、排便しやすくする働きがあるので便秘の解消に役立ちます。
また、豆腐をつくる際に使われる「にがり」には、塩化マグネシウムが豊富に含まれており、この成分はダイエットをサポートする成分としても有名です。
食事の際ににがりを一緒に摂ると、脂肪や糖の吸収が抑えられ、血糖値の上昇を抑えるのでダイエットにも効果があります。

マグネシウムの10の使用法
https://jp.iherb.com/blog/the-top-ten-uses-of-magnesium/195

マグネシウムは体内の個々の細胞内の濃度の点でカリウムに次ぐ物質です。マグネシウムの機能は主に多くの酵素を活性化することにあります。
マグネシウム欠乏症は、アメリカ人、特に高齢者や月経前期間中の女性に極めて一般的です。欠乏症はマグネシウムの吸収を低下させたり、分泌を増加させることがあります。その要因には 高カルシウム摂取、アルコール、手術、利尿薬、肝臓病、腎臓病、経口避妊薬の使用が含まれます。
マグネシウム欠乏の徴候および症状には、疲労、精神錯乱、過敏性、衰弱、心臓障害、神経伝導や筋肉収縮の問題、筋肉痙攣、食欲不振、不眠、ストレスなどが含まれます。

以下は10のマグネシウムの主要な用途です。

喘息および慢性閉塞性肺疾患 (COPD)
注意欠陥障害 (ADD)
循環器疾患
狭心症
心臓不整脈
うっ血性心不全
高血圧
糖尿病
疲労
線維筋痛
腎臓結石
偏頭痛および緊張性頭痛
妊娠 (妊娠中毒症、早産、その他の問題)
月経前症候群






ビタミンD
〜ビタミンDは新型コロナの感染と重症化予防の鍵である〜
「新型コロナによる死亡率は、血液中のビタミンDの濃度と反比例する」
「血中のビタミンD濃度が高ければ高いほど、新型コロナによる感染率も死亡率も減少しています」
「血中ビタミンD濃度が正常の人たちは「軽症」で治っている人が大半なのに対し、不十分の人たちになると「中等」が増え、さらに欠乏になると「重症」や「最重症」になる人が一気に増えます」
「血中ビタミンD濃度が低下すればするほど、新型コロナに感染しやすくなり、また重症化する確率が高くなる」
「ビタミンDの投与は新型コロナに感染しても、重症化を防ぐことができる」
「血中ビタミンD濃度が正常の「30ng/ml.以上」に保つことができれば、新型コロナを予防し、感染しても重症になりにくい」
新型コロナの予防のために、血中のビタミンD濃度は少なくとも30ng/ml.以上、理想をいえば40〜60ng/ml.を保つべきだと考えています。
私のクリニックでスタッフを含む18〜82歳の男女123人の血中ビタミンDの濃度を測定しました。
なんと正常値の30ng/ml.以上以上だったのはわずか22%。78%が低下「22%」ないし欠乏「56%」だったのです。(柳澤厚生医師)

「ビタミンDには「免疫機能を調節する」働きがある。ビタミンDは「免疫の土台をつくる」という役割を担います」
※体のビタミンDを確実に増やす方法
1、食事から取る。サケ、メカジキ、イワシなどの魚類を積極的に取りましょう。
2,日光を浴びる。現在、ビタミンDの血中濃度は男性よりも女性の方が低いことがわかっています。この原因の一つは、日焼けを嫌い外に出ない、または外に出ても日傘やSPF値の高いファンデーションを塗って、日光に当たらないよう完全に防御していることがあげられます。
ビタミンDをつくってくれるのは、美容の敵とされる紫外線です。紫外線の中で日焼けの原因とも呼ばれるUV-B(波長280〜315nm)が、ビタミンDをつくるのです。そしてUV−Bのうち295nmでいちばんたくさんビタミンDがつくられます。
ビタミンDは1日30分程度、日光にあたることで十分につくられるため、散歩やウォーキングなど外に出る習慣をつくりましょう。
3,サプリメントを飲む。高齢者は若い人に比べて、体内でビタミンDをつくる力が弱くなっています。

ビタミンDと免疫力について研究でわかったこと
https://jp.iherb.com/blog/vitamin-d-immunity-benefits/1171

200人以上の科学者と医師がすべての人にビタミンD摂取量の増加を呼びかける理由
https://jp.iherb.com/blog/doctors-recommend-vitamin-d-supplements/1214





ハチミツ
糖のエネルギー代謝を高めるハチミツ
フルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)のコンビネーションであるハチミツやショ糖は、そのままで糖のエネルギー代謝を高めます。
具体的には、糖のエネルギー代謝でミトコンドリアに入る関門となっているピルビン酸水素酵素がありあす。この酵素が働くことではじめて、糖から取り出した電子がミトコンドリアでエネルギーと二酸化炭素に変換することが可能になります。フルクトース(果糖)は、このピルビン酸脱水素酵素を活性化することで、糖のエネルギー代謝を促進するのです。

免役抑制を解除するハチミツ
感染症、ワクチンによる有害事象や慢性病の病態にある免役抑制状態では、形態形成維持(免役という概念も含む)の中心にある白血球(食細胞)の食作用の昨日が低下しています。
この白血球の食作用の低下が、最終的にリンパ球を過剰刺激して炎症の場を形成します。
したがって、免疫抑制を解除するためには白血球の食作用が高めることが必用になります。
ハチミツやショ糖(いずれもフルクトース+グルコース)は、白血球の食作用を高めることやストレスホルモンを抑えることで、コロナワクチンであらゆる慢性病の病態の基礎となっている免疫抑制を解除する作用があるのです。

ハチミツの抗スパイクたんぱく質作用(鉄のキレート作用)
新型コロナウイルスは、当初は私たちの細胞のACE2という酵素の受容体に結合して侵入するとされていました。
その後、新型コロナウイルスは、赤血球などの構成成分であるヘムたんぱく質を構成するポルフィリンという物質に結合することが明らかになりました。
私たちの体内のヘムたんぱく質は、赤血球だけでなく、筋肉内のミオグロビン、カタラーゼ、ミトコンドリアの電子伝達系のサイトクロームオキシデースや肝臓の毒物代謝酵素サイトクロームP450と呼ばれる酵素にも使用されています。
したがって、新型コロナウイルスがヘムたんぱく質の合成をブロックすることで、貧血、筋肉の崩壊や糖のエネルギー代謝が引き起こされます。
ヘムたんぱく質を構成する鉄がフリーとなるため、体内で激しい炎症が引き起こされます。
それによって、細胞が死滅するので、細胞内からさらにフリーの鉄が流出するという悪循環が起こります。



新型コロナウイルスがヘムたんぱく質の構成成分のポルフィリンに結合することで、ヘムたんぱく質を用いているし絵体内物質欠乏による機能障害やフリーの鉄がもたらす炎症が病態中心にあります。
体内の鉄蓄積量が多いほど、その炎症は激烈になります。
体内に蓄積する鉄が多い人ほど、コロナワクチンの致命的な副作用(血栓症や炎症、脳血栓、心筋梗塞、心筋炎、膵炎など)に見舞われることになります。
この最大の感染症や慢性病の主因の一つである鉄は、体内でフリーの状態にすることほど危険なことはありません。
ハチミツは、そのフリーの鉄をキレートし、かつ鉄とプーファ(多価不飽和脂肪酸)による脂質過酸化反応を抑えて感染症及びワクチン副作用を軽減する作用があるのです。

なぜワクチンによるアナフィラキシーショックにハチミツは有効なのか?
アレルギーやアナフィラキシーを引き起こす毒性物質は、最初にミトコンドリアにダメージを与えて、過剰な活性酸素、窒素種を放出します。
このミトコンドリア障害による過剰な活性酸素・窒素種の発生がさまざまなアレルギー症状の元凶になっています。
ミトコンドリアの糖のエネルギー代謝を回復させることで、アナフィラキシーに代表される毒性物質による過剰なアレルギー反応と止めることができるのです。

コロナワクチンの血栓形成予防にはハチミツが最適
ハチミツは、コロナワクチンの血栓に対して、血小板活性化因子をブロックすることで抗血栓作用を持ちます。
鉄の過剰も血栓傾向になります。鉄による炎症によって、血管内皮細胞に組織因子という血液凝固系を促進するたんぱく質が発現することが指摘されています。
さらに、血液中のフリーの鉄は、パラフィブリンという難溶解性の物質を形成し、血管の壁に付着させて血栓の原因になります。
そして、血液中のフリーの鉄は、ハイドロキシラジカルという最も反応性の高い活性酸素種を発生させることで、フィブリンという血栓の主成分を作り出します。
ハチミツやショ糖などの糖質は、鉄をキレートし、鉄とプーファによる脂質過酸化反応を抑えることで、同時に血栓を予防します。

ハチミツの選び方
百花密と単花蜜
大きく分類してハチミツは、フローラルハニーとハニーデューに分けることができます。
フローラルハニーは、一般的に馴染みのあるハチミツで、西洋ミツバチが花蜜を巣箱に集めてきて出来るハニーです。
一つの種類の花の蜜からなるハチミツを単花蜜と呼びます。
数種類の花の密からなるハチミツを百花密と呼びます。
ハニーデューは、ハチが樹木の密を集めてできたハチミツです。

ハチミツの色(色・代表的なハチミツの名前・使い方)
白(優しいエネルギー賦活を可能にする白色ハチミツ)
サインフォイン、白クローバー、ハニーデュー、白リンデン
白いハチミツは寝る前の栄養補給として最適です。

黄色(免疫力アップと粘膜に効く黄色ハチミツ)
カリー、ドライアンドラ、リンデン、ドンニック、アカシア、ペパーミント、プリクリーボックス、ワイルドフラワー、クローバー、レザーウッド、シドル、じゃら、マリー、ホワイトガム
黄色いハチミツは日中のエネルギー補給に。基礎代謝エネルギーの要に。

茶色(ミネラルバランスに優れる茶色ハチミツ)
ボルティア、ゴールデンルート、フォレスト、マウンテン、ダンデライオン、くり(チェスナット)、ヘザー、スティングレス
ミネラルバランスの良い茶色のハチミツは、代謝が悪い人や体内に過酸化脂質による炎症問題を抱えている人に最適です。日中に摂取してください。

黒(ミネラルバランスに優れる黒色ハチミツ)
スティングレス、ワイルドハニー、北欧のマウンテン、北欧のフォレスト、そば
朝や午前中の活動時にはミネラル分をたっぷり含む黒いハチミツがおすすです。また、いつもより体を動かしたときの疲労回復にも。

白・黄色・茶色・黒色4色のハチミツの使い分け
・日中、普通の活動の時は黄色
・寝る時もしくは慢性疲労症候群・慢性疾患で元気がない人は白色
・忙しくて活動的な毎日を過ごしている、働き詰めの時は茶色か黒

※参考書籍
「ハチミツ自然療法の最前線」
https://amzn.to/3vyBsnJ



檜の香り精油(ソマチッド)
ミトコンドリアの活性化でワクチンの化学物質(毒物)を排出(排毒)
人体は60兆個の細胞で構成されていますが、その一つ一つの細胞の中には大きさが細胞の直径の数十分の一ほど(長さ1〜5ミクロン、太さ0,5ミクロン)のまったく異種の小生命体が100〜4000個寄生した状態で存在しています。
これこそがミトコンドリアです。
生命活動に必要な95%の代謝エネルギー(ATP)をつくり出すとともに、細胞内に溜まった化学物質や毒素を排出する働きもしています。

ミトコンドリアの活性化こそ毒物排泄の要
ミトコンドリアを活性化するためにはどんな生活をするのがいいかを知り、実践することがとても大事です。
・少食にすると、ミトコンドリアは活性化する
・丹田呼吸で酸素をより効率よく大量に摂り入れる
・抗酸化物質(フィトケミカル)を摂り、より多くの水素原子から電子をとり出してミトコンドリアを活性化させる。
・酵素を多く摂る
・補酵素(ミネラル、ビタミン)をたくさん摂る
・ケイ素とソマチッドを多く摂る(ケイ素は水素の4倍もの電子を供給してくれる)
・有酸素運動でミトコンドリアを増やし、有害な化学物質を排出する

細胞内の毒素を排出する主役がミトコンドリア
アトピーとは「原因不明の奇病」という意味ですが、皮膚の脂肪細胞に蓄積した毒素(化学物質)を体表に排出するのがアトピー性皮膚炎です。
腸がきれいで腸管免疫力が強く、肝臓や腎臓も健康な大人は尿や便で排泄しますが、食の欧米化(肉食や悪い油を多く摂る)と精神的ストレスの増大で、現代人の場合は腸内腐敗が進み、肝臓や腎臓の代謝機能も低下しています。
肝臓や腎臓が正常であれば、解毒作用が働き、尿や便で排泄してしまいますが、肝臓や腎臓による代謝力が弱くなっていたり、免疫力が弱くなっていたりすると排毒できず、ますます全身の皮膚組織に蓄積されてアトピー性皮膚炎も発症しやすくなります。
細胞には本来、侵入してくる不要物や毒物を代謝活動によって排出し防衛する働きが備わっています。代謝活動が活発であるほどその働きは強くなりますが、その担い手こそ細胞内に存在するミトコンドリアです。
ミトコンドリアは、自分の住み家である細胞が化学物質のゴミ溜めになったら居心地が悪くなり、活動力も低下してます。細胞核内のDNAが傷つけられ、ガン細胞化するリスクも高くなります。そのような状況を改善しようとしてミトコンドリアはエネルギーの生産性を高め、代謝活動を活発にして毒物の排泄を促します。
このとき起こるのが「痛み、発熱、腫れ、痒み」などの減少ですが、これはミトコンドリアがつくるプロスタグランジンの働きによるものです。

すでにワクチン接種をしてしまった方は、毒物である化学物質(ワクチン毒)を排出するためにミトコンドリアを活性化させることが何よりも大事です。
そのための3大実践法は、酵素とりわけ手作り酵素を利用する方法と、日本古来の樹木の精油を利用する方法、そしてミトコンドリアに十分に酵素を供給するための丹田呼吸を利用する方法です。

「手作り酵素でミトコンドリアを活性化させる」
手作り酵素の作り方
1、春の野草酵素(山奥の55種類の野草・薬草・新芽で作る)4月〜5月中旬
2、梅酵素(無農薬梅をメインに10種類の果物で作る)5月末〜7月初旬
3、秋酵素(50種類の実りの物と雑穀)9月後半〜10月中旬
4、本柚子メイン酵素(本柚子をメインに無農薬栽培の50種類の秋の実りの物)11月中旬〜12月前半
5、りんごメイン酵素(サンフジ、紅玉をメインに無農薬栽培の50種類の秋の実りの物)11月中旬〜12月前半

化学物質を排出し、スパイクたんぱく質を分解するソマチッド
ソマチッド(超極小生命体)は深山に自生する樹齢が長い自然の針葉樹ほどスパイクたんぱく質を分解し、ミトコンドリアの代謝活動を活性化する作用が強くなります。
ソマチッドが大量に存在する血液はサラサラできれいです。血液中にソマチッドが多いと、もし血栓や変性たんぱく、異物たんぱく(抗原など)があってもソマチッドが数十分で分解してしまうことがわかってきました。
樹木に含まれるソマチッドは深山に生育する樹齢の長い樹木に含まれる古い時代のソマチッドほどパワーがあります。
日本の深山に数百年、もしくは数千年以上と自生する桧や杉、末、楠などは、樹齢が長いほど花崗岩から飛び出した豊富なソマチッドを含んだ地下水を吸い上げながら生き続けています。ですから、その樹木にもソマチッドがいっぱい含まれています。
樹齢が数百年、数千年と長い樹木ほど、その香り精油にはより多くのソマチッドが含まれています。
そのソマチッドを体内に摂り込むことで、ミトコンドリアの代謝活動が飛躍的に活発になり、体内に蓄積された有害な化学物質の排出や、コロナワクチンで体内につくられたスパイクたんぱく質の分解が促進されると考えられます。

檜科樹木の「香り精油」の正体
檜科に属する樹木は檜、青森ヒバ、サワラ、ネズコの4種類で、そのどれもが日本列島のみに自生する固有種です。
檜に含まれている樹液が現在、「香り精油」として注目されています。
有害な菌(病原菌、腐敗菌、カビ菌)や病原性ウイルスを殺す作用、有害な虫(蚊、ダニ、シロアリなど)に対する防虫作用が注目されています。
しかも、香りは脳を癒し、精神的なストレスを解消する働きをします。檜の水風呂に入ると、人体の皮膚脂肪細胞下に蓄積された医薬品や合成食品添加物、日常生活用品に含まれる合成界面活性剤、農薬などに含まれる化学物質(石油から化学合成された有害物)が皮膚から体外へ排出(デトックス)されますが、これも香りの精油の働きです。

檜の香り精油でウイルス対策
抗ウイルス効果が注目されているのが檜の香り精油です。その秘密は、この精油の3大パワーであるフィトンチッドパワーとアロマテラピーパワーとソマチッドパワーにあります。
フィトンチッドとは有害な微生物の活動を制御する作用をもつ、樹木が発散する化学物質ですが、これには病原菌やウイルスを除去する作用があるとされています。
ですから、檜の香り精油が空間に広がっていて、それを呼吸とともに吸い込んでいれば、ウイルスや病原菌、腐敗菌、カビ菌などを殺し、除去できることも分かってきています。

檜や杉などの針葉樹林が放つ香りの不思議なパワー
・かえる、ねずみ、いたち、へびなどの動物の死骸がいっさい腐らず、すべて干からびてミイラ化している
・蚊も虫もまったくいない
・虫をエサとする小鳥がいないため、シーンと静まり返っている
・悪臭がまったくなく、さわやかな良い香りに満たされている
・きのこ菌はあるのに、カビ菌はまったくいない
・森の中にいると頭がすっきりしてきてリラックスでき、夜はぐっすり眠れる
・森の中にいると頭脳が冴え、記憶力が良くなり、インスピレーションが湧く
・風邪気味でも檜や杉の森の中で過ごしていると治まってしまう
・疲労気味でも森林の中に入ると、心身が爽やかになりリラックスする

檜や杉などの針葉樹の森林を観察してわかってきたこと
・腐敗菌や病原菌が存在しないから、腐らないし感染症にもかからない
・蚊も虫も害虫も嫌がって近寄らない
・風邪ウイルスや有害なウイルスが死んでしまう
・檜の香りが脳を癒し、活性化させ、自律神経を安定させる

こうしたことが起こる理由は檜や杉、松などの針葉樹や楠が放つ揮発性芳香物質(香り精油)にあります。
先述した「フィトンチッドパワー」「アロマテラピーパワー」「ソマチッドパワー」という3大パワーにその秘密があります。

「フィトンチッドパワー」
フィトンチッドは針葉樹木が自ら身を守るために、腐敗菌や病原菌、カビ菌などや悪性のウイルスを殺し、害虫を寄せ付けないために香り成分である揮発性芳香物質(香り精油)を発散させます。
「フィトンチッドの3大作用」
・菌・ウイルス・虫除去作用
1、殺菌作用
2、防腐作用
3、防カビ作用
4、抗菌作用
5、抗ウイルス作用
6、防虫作用(忌避作用)
・有益菌保護作用
発酵菌(乳酸菌、酢酸菌、ビフィズス菌など)や人体常在菌(腸内細菌、皮膚常在菌、口内常在菌など)といった有益菌を保護する
・消臭作用(悪臭源除去作用)
腐敗によって発生するアンモニア、硫化水素、トリメチルアミン、メルカプタンやその他さまざまな悪臭粒子を中和分解してしまう。しかも、悪臭の発生源となる腐敗菌を殺してしまうことによる根本消臭作用もある。逆に発酵菌を活性化する。
その結果、タバコ臭、ペット臭、料理臭、生ごみ臭、エアコンのカビ臭などの、各種カビ臭、尿の臭い、医薬品臭、線香臭、加齢臭、汗臭などの悪臭を消し、良い香り(芳香)を漂わす。

「アロマテラピーパワー」
アロマテラピーは、アロマテラピーに用いる精油には、人間の脳を癒し、活性化させ自律神経を安定させる作用があることはすでによく知られています。
森の香り精油の持つアロマテラピーパワーの特徴は、嗅細胞から嗅神経を通じて副交感神経の働きを促進することです。
その結果、鎮静作用、ストレス解消作用、リラックス作用、精神安定作用、血圧低下作用、快眠作用、脳の活性化と集中力向上、認知症予防の改善などが期待できます。
香り精油が鼻から気管支を通り、肺の中の毛細血管に入って全身の細胞に届くと、免疫力が向上します。

「ソマチッドパワー」
・ソマチッドの主成分は炭素ではなくケイ素
・DNAを持たない最小の超極小生命体
・水素から電子を受けて活動
・ソマチッドはDNAの前駆物質、宇宙情報を持つ意識体
ソマチッドの最大の効果はミトコンドリアの代謝活動を活性し、免疫力と生命力を大きく向上させることです。

香り精油の3大パワーでウイルス対策
まず、香り精油のフィトンチッドパワーで、空気中に浮遊しているウイルスや室内に付着しているウイルスを殺してしまいます。
香り精油に含まれているソマチッドが口や鼻から体内に入り、気管を通じて肺、血管(血液中)、全身細胞へと広がっていきます。
5分間香り精油を吸引すると、ソマチッドが血液中に普段の数十倍、数百倍も存在していることが分かりました。
さらにソマチッドは、血液中には赤血球になりそこなった変性不良たんぱく質を分解する働きもしていますが、ソマチッドは病原菌やウイルスの異質なたんぱく質も分解し、新型コロナウイルスのスパイクたんぱく質も分解します。

コロナワクチンに含まれる化学物質の解毒法とスパイクたんぱく質の分解法
ワクチン毒物の排出(化学物質毒を排出する決め手はミトコンドリアの代謝活動を活性化すること)
1、少食
2、丹田呼吸で酸素を多く摂り込む
3、抗酸化物質(フィトケミカル)で水素の電子を多く摂り込む
4、酵素
5、補酵素(ミネラル、ビタミン)
6、ケイ素で多くの電子を摂り込む
※3456をまとめて摂り込む方法こそ、山奥の無農薬材料で作った手作り酵素です。さらに、
7、有酸素運動でミトコンドリアの多い筋肉細胞を増やす
8、運動、遠赤外線サウナ、木曾ひのき水風呂、酵素風呂などで体外へ排出する

スパイクたんぱく質の分解
檜の香り精油を吸引する。
写真Kは、香り精油を吸引していないグループの血液状態。
写真Lは、香り精油に含まれるソマチッドを吸引しているグループの血液状態。

写真Kには存在し、写真Lには存在しない異物の一部がワクチン接種によって体内でつくられたスパイクたんぱく質やコロナワクチンに含まれる化学物質であるとすれば、ソマチッドが血液中や細胞内に入ったスパイクたんぱく質の分解と化学物質の解毒に作用しているのだろうと思われます。


※香り精油をミスト状にして空間に噴霧する専用装置もあります。
MORI AIR 35 1L専用液付き
https://www.mimitech.com/items/6118379


※檜の香り精油やソマチッドなどについて詳しく知りたい方は書籍をご覧ください。
「コロナワクチンの解毒法」
https://amzn.to/3KBydjS



その他資料など

































「記録映像 ワクチン後遺症」
https://vaccine-kohisho-movie.com/


番外編(個人の体験談)














































「免役を破壊する コロナワクチン解毒法」
https://amzn.to/3MjGRos




「免疫力が上がる アルカリ性体質になる食べ方」
https://amzn.to/36u1IWD














「新装版 生命の自覚〜よみがえる千島学説〜」
https://amzn.to/3Ev934N




「完全版 血液をサラサラにする食べ方テキスト」
https://amzn.to/3ExPtos


「イベルメクチン」
https://amzn.to/36u0fQa




























  ワクチン後遺症解毒法&シェディング対策法











※追加ページ









































































































































































































HP管理人 カズ

このホームページでは、テレビでは放送されることのない新型コロナやワクチンの裏情報だけを集めて紹介しています。

このホームページの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

このホームページは、全てのページがリンクフリーです。
HP管理人に断りなく自由に拡散してください。