本文へスキップ

コロナワクチン解毒情報

コロナワクチン(酸化グラフェン・スパイクたんぱく)解毒情報

※こちらのページでも「予防」「解毒」について紹介しています。

ファスティング(断食)健康法(←解毒するには「断食」が必須です)
https://www.uracorona.com/fasting.html

コロナワクチン解毒用サプリなど
https://www.uracorona.com/vaccine-supplement.html

病気予防の真実(感染予防・解毒など)
https://www.uracorona.com/diseaseprevention.html

感染予防の真実
https://www.uracorona.com/shinzitsu-kansenyobou.html


※前半はウイルスに感染しないための食事について。後半はワクチン接種後の解毒についてです。

〜コロナ・風邪・インフルエンザ等に感染しない食事〜
免疫強化のキモは腸内環境を整えること。たとえウイルスが体内で爆発的に増殖しても、体のNK(ナチュラルキラー)細胞がほんのわずかでも上回れば発症は抑えられる。
もし感染したら精製された砂糖がウイルスの餌になるので甘いものは控えるべき。
お菓子を食べると腸内環境のバランスが崩れ、整腸薬の効果が半減する。
腸内環境を整えるのに、納豆や味噌、ぬか漬けなどの発酵食品がよい。
日本で海藻類を食べている県は、他県よりも死亡率が低かった。
メカブやモズクなどに含まれている「フコイダン」という成分が、体の免疫の過剰反応(サイトカインストーム)を和らげたと考えられる。
フコイダンは発症自体を抑えるのではなく、その後の重症化を抑制したと考えられる。
さらに、岩のりやテングサに含まれる「グリフィスシン」は、エボラやHIV、SARSへの感染を抑制したという研究結果も出ている。

また、長崎に投下された原爆の爆心地から1,4キロの病院で被ばくした秋月辰一郎博士は、患者たちに徹底して水を控えさせた。
そして、玄米と味噌を塩を使って「塩辛い玄米のおにぎり」と「塩辛いカボチャの味噌汁」を作り、同病院の職員・患者たちに毎日与えたところ、原爆による症状(白血病、貧血ほか)が出なかった上、何十年もほとんどの人が原爆症を発症しなかった。
食塩のナトリウムイオンは造血細胞に賦活力を与えるが、砂糖は造血細胞に対する毒素である。

大量のビタミンCは、新型コロナのようなRNAウイルスへの予防と撃退にも効果があることが判明した。
2005年、NIH(米国立衛生研究所)の一流の研究者たちが、「超高濃度のビタミンCはガン細胞だけを破壊し、副作用のない理想の抗ガン剤である」と発表した。
毎日6グラムから10グラムのビタミンCで、インフルエンザの予防が期待できる。
ただし、経口摂取では、体内に3グラムのビタミンCしか為米酢、のこりは体外に排出されてしまう。
粉末のビタミンC(アスコルビン酸)は、一日に8グラムを摂取する場合は、2グラムのビタミンCを2時間おきに4回摂取すればよい。

フランスのヴェラン厚生相は記者会見を開いて、「新型コロナウイルスの感染者がイブプロフェン配合のクスリを服用すると、症状が悪化する恐れがあるので、服用しないでください」と国民に呼びかけた。

イタリア人は昔から風邪をひくと、エキストラ・バージン・オリーブオイルを多めに飲む習慣がある。実際、オリーブオイルは風邪の症状を和らげ、1日50グラムの摂取で、鎮痛剤10パーセント相当の鎮静作用が確認されている。

〜抗ウイルス作用のある食品〜
トランプ大統領は、抗マラリア剤の「ヒドロキシクロロキン」と亜鉛の組み合わせを試験的に行い、悪化の一途だったニューヨーク州の死者数を初めて減少させました。

インドのERA(エラ)医科大学の研究員たちは、ハーブや果物・野菜に含まれる食品成分を分析し、抗ウイルス作用を示した有益な食品を公表しました。
1位、エビガロカテキンガレード(緑茶)
2位、クルクミン=ウコン(カレー、きなこ)
3位、アビゲニン(パセリ、セロリ、グァバ)
4位、ベータグルカン(きのこ類)
5位、ミリセチン(胡桃、葡萄、ベリー類)
6位、ケルセチン(玉ねぎ、蕎麦、リンゴ)
7位、ピペリン(黒こしょう)
8位、ゲニステイン(大豆)
9位、ジアゼイン(大豆)
10位、フェルラ酸(米、大麦、小麦)
エピガロカテキンガレートは、実は緑茶にしか存在しない。

世界のほとんどの国で食べられていない海藻類を、日常的に食べているのは日本人と韓国人くらいです。
ゾべリア・ガラクタ二ポランという海藻性のバクテリアが、海藻に含まれる多糖類を分解する酵素を持っていることが発見された。

日本人が築き上げてきた伝統的な和食文化が、いかに疫病に有効か分かる。
主食の米に始まり、蕎麦やうどん(小麦)は抗ウイルス食材としていずれも10位以内に入っている。
岩海苔やトコロテン、めかぶや昆布などに含まれる「グリフィスシン」は、ウイルスの感染を抑制する。
また、ワカメや昆布、メカブやモズクなど、ねばねばした海藻類に含まれる「フコイダン」は、病気の発症後に免疫が過剰反応することを抑制する。
これに加え、日常的に飲まれる緑茶にはこれら以上の抗ウイルス成分が含まれるし、効果を促すミカンなどのビタミンCも豊富に食べられていた。
また、発酵食品の味噌や醤油、納豆なども日常的に免疫機能を高めてきたl
これらすべての食材が、ウイルスの自己増殖を防ぎ、発症しても免疫機能の暴走抑制に貢献する。

その他にも取るべき重要な栄養素として、亜鉛とマグネシウムがある。亜鉛の代表的な食材は、牡蛎(かき)、レバー、牛肉、うなぎ、貝類、豆類、ごま、アーモンド、卵、干し椎茸、切り干し大根など。
マグネシウムは、鯖(さば)、鮭(さけ)、あさり、イクラ、ほうれん草、木綿豆腐、大豆、牛乳などに多く含まれている。
これに太陽の光を一日15分ほど浴び、体内でビタミンDを生成すれば素晴らしい相乗効果となる。
日常的にこれらの食材を取り入れることで、免疫機能や自然治癒力が飛躍的に向上する。

〜コロナワクチン接種者、接種者からの2次感染者の解毒方法〜
・ファスティング(断食)※食事の間隔を16時間以上空ける。
・オートファジー(自食)※食事の間隔を16時間以上空ける。
・腸内環境を整える(腸をきれいにする)
・イベルメクチン
・MMS(二酸化塩素)
・日本酒
・松葉茶
・グルタチオン
・たんぽぽ茶
・味噌
・納豆
・ビタミンA、C、D、E
・ミネラル(亜鉛やMg)
・水溶性食物繊維
・ファイトケミカル
・抗酸化作用のあるもの
・重曹
・リンゴ酢やクエン酸
・ユーグレナ
・パラミロン
・クロレラ
・みどり麹

※サプリメント
・5-ALA
・グルタチオン
・NAC(N-アセチルシステイン)
・亜鉛
・アスタキサンチン
・ケルセチン
・ビタミンD3
・オオアザミ
・メラトニン

〜コロナワクチンで副反応が起きやすい人〜
・基礎疾患のある人
・肥満の人
・アレルギーのある人
・腸内環境のよくない人
・汗をかきにくい人
・第六感が強い人(霊感がある人)←副反応の人に多いらしい




【拡散希望!】ワクチン打っても食事を改善すれば助かるかもしれません!すべては赤血球の質です
https://sinsd.com/post-9077

もし私がワクチン接種していたのなら、最低7日の断食をした上で1日1食生活を続けます!
https://sinsd.com/post-9485

※千島学説より「生命の自覚〜よみがえる千島学説〜(ML親書)」
・赤血球が体のすべての細胞に変化する
・DNAも赤血球から造られる
・赤血球は細胞に変化し、細胞もまた赤血球に変化する


1、赤血球に核はありません。DNAは細胞の核の中にあります。赤血球が細胞に変化(分化)すると、そこに核やDNAができます。COVID-19ワクチンを打つと遺伝情報が書き換えられ、細胞がスパイクタンパク製造工場となります。また、そのスパイクタンパクという「毒」が主に肝臓や副腎、脾臓、女性なら卵巣、男性なら睾丸に蓄積して炎症を促し病気となります。さらに、血管壁にスパイクタンパクが刺さり血栓や炎症の要因となります。

2、そんな細胞も赤血球に変化します。繰り返しですが、赤血球になると核やDNAは無くなります。よって、ワクチンで遺伝子が組み替えられていても、細胞が赤血球に変化すればスパイクタンパク製造工場は消滅し、その弊害を防ぐことができるはずです。

〜ワクチン接種者が生き残る方法〜
腹6分目 ※ 腹いっぱいは絶対にダメ
1日2食以下にする。1食が理想 ※ 自己責任ですが断食はお勧め
昔の日本人の食事内容にする
イベルメクチンや二酸化塩素を常備する ※ 個人的には初期イベルメクチンその後二酸化塩素を推奨
減塩をやめて適切な「塩」を使う ※ 食塩ではありません。「塩」です。
オメガ3を補う ※ サプリメントを飲む
サラダ油や植物油脂、トランス脂肪酸をとらない
オリゴ糖などで腸内環境を整える
添加物やトランス脂肪酸が入ったものを一切食べない

〜解毒の基本は排泄(断食)〜
・朝食を食べないようにする
・1日2食以下とする。理想は1日1食
・1回目のごはんは、起きて2時間以上経過してから
・腹6分目を心掛ける
・よく噛んで食べる
・ファスティング(断食)がお勧め


排泄(断食)の時間を十分にとる=解毒が進む。
夕食から翌日1回目の食事までの間隔を十分に開けるように心がける。具体的には16時間以上。
例)夕方19時に夕食の場合、19時+16時=午前11時、次の日の午前11時過ぎまで確実に何も食べないようにする。

〜千鳥学説とオートファジー(断食)〜
・消化された食べものが小腸で赤血球となる
・赤血球は白血球に変化(分化)し、細胞に変化(分化)する
・赤血球は毛細血管末端から間質に漏れ出し、接した臓器の細胞に変化する
・変化した細胞には核やDNAが生じる
・ウイルスや細菌に感染すると、かけつけた赤血球が白血球に変化し免疫反応が起きる
・断食や節食、あるいは病気のとき、すべての組織細胞は赤血球に逆戻りする

※断食や節食によりガンが寛解するのも、ガン細胞が赤血球に逆戻りするから。

オートファジーとは、
外部からの栄養が不足するとき、細胞は自分の不要になったタンパク質をアミノ酸に分解し再利用してタンパク質を作り出す仕組み。

可能ならば「3日間断食」又は「7日間断食」を最初に行ってから「1日1食(2食)」を続ける。

〜食事のときに摂って良いもの、悪いもの〜
加工食品は禁止
加工食品とは、食品になんらかの加工を施したものであり、その種類は、水産練り製品・肉加工品・乳加工品・嗜好食品・調味料・菓子類・冷凍食品・レトルト食品・缶詰食品・インスタント食品等、多岐にわたります。

先進国の使用許可食品添加物数
イギリス:21品目
フランス:32品目
ドイツ:64品目
アメリカ:133品目
日本:1500品目以上

添加物を摂ると、体液は酸性に傾きます。体液が酸性に傾くとミトコンドリアは機能を低下しエネルギーを生み出す能力が低下するのでエネルギー生産量が減少します。
疲れやすくなったり、ガンになったり、糖尿病になったりと違う形で現れます。ミトコンドリア機能低下の裏には、添加物や食用油などさまざまな要素が隠れている。
体液は弱アルカリ性が理想で、酸性に傾いた体液を弱アルカリ性にするには重曹+クエン酸を摂ると良い。

千島学説「生命の自覚」から引用
ニワトリのタマゴの黄身(卵黄球)が血球に変わり、その核のない赤血球が、核のある白血球やリンパ球になり、やがて細胞に移行していく姿を、私は顕微鏡で見た。

森下氏はクロロフィール(葉緑素)の生理作用を調べていたとき、赤血球にクロロフィールを作用させたところ、赤血球がおかしなかたちに変化したのを発見した。(中略)そこで森下氏は、ウサギの赤血球のかわりに、血球の大きなガマの赤血球を使って実験し、もっとも面白いことを発見した。赤血球が変化して細胞核をもつ立派な一個の単細胞になっていくことだった。

千島学説で重要なのは、消化された食べものが赤血球になるという事実です。つまり、赤血球は食べた物そのものであり、赤血球が細胞となることから、細胞もまた食べた物そのものであることです。

・健康で栄養状態のよいとき、赤血球はすべて細胞に変化する
・からだが病気の方向にむかっているとき、赤血球はがん細胞や炎症細胞など病巣の細胞に変化する
断食節食や大量の出血後、あるいは病気のとき、すべての組織細胞は赤血球に逆戻りする


遺伝子組み換えワクチンでスパイクタンパク製造工場となった細胞も、1日1食もしくは2食でも腹6分目にすることで赤血球に逆戻りする可能性があります。

ポイント
空腹の時間を増やすと、質の悪い細胞が赤血球に戻ることになる。減食により小腸で赤血球が造られなくなれば、遺伝子組み換えワクチンでスパイクタンパク製造工場となった細胞も赤血球に逆分化し、やがてアポトーシス(自然死)します。

〜小腸の絨毛で赤血球が造られる〜(食べた物が直接赤血球の原料となる)
実際には体の至るところで毛細管の開放端から赤血球は組織間隙に多数出ている。(中略)血管外の組織間隙に出た赤血球は、それぞれの場所でその部分の細胞、組織に直接して、その誘導作用又は連鎖反応によってそれぞれ相接する細胞へ分化する。すなわち、肝細胞に接したものは肝細胞へ、卵細胞に接着したものは卵の細胞質へ、筋肉、骨、その他凡ての細胞へも誘導連鎖反応によってそれぞれ分化する。

作られる赤血球の質が悪ければ、その接合組織は徐々に病気の臓器へと変化していきます。
ガン細胞も、質の悪い赤血球がガン細胞に分化した結果にすぎない。
減食をした上で適切な食事をとればガンは容易に成長が止まります。

肺結核、肺炎、肝炎、その他の炎症ではその部分に無数の血管外に出た赤血球があり、それが炎症部では比較的速やかに中性嗜好性白血球に分化し、つづいて各種炎症に特有な細胞へ変化(分化)してその臓器の容積を大きくする。

〜加工食品をやめる2つの理由〜
1、添加物がたくさん含まれるから
2、サラダ油や植物油脂、トランス脂肪酸がたくさん含まれるから


サラダ油や植物油脂、トランス脂肪酸をとればとるほど赤血球の細胞膜が炎症を促し血を固める傾向が強くなる。
また、その赤血球は各種細胞に変化するので各種細胞もまた炎症を起こすようになる。
その最もたる例がガン細胞。
ワクチンに混入された酸化グラフェン。これは体内で避雷針のように働き、電磁波で容易に炎症を促し血栓を生じることになる。

同じロットのワクチンを打っても、発熱やだるさで済んでいる人と入院するほど重症化する人がいますが、この差の最大の理由は、赤血球の細胞膜に含まれる油の種類にある。


細胞は下図右のようにリン脂質が二重層を形成して細胞膜となり、細胞を区画化している。
そして、このリン脂質のふたつの尾の部分に食べた(油や脂)が入ります。

リン脂質の頭の部分は親水性。尾の部分は脂質(脂と油)で疎水性(水を嫌う)です。
この脂質の中で重要な生理活性作用を持つ油が大きく二種類あります。

・オメガ6:リノール酸、アラキドン酸など:血を固める、炎症を促す、アレルギー促進
・オメガ3:α-リノレン酸、EPA、DHA:血液サラサラ、炎症を鎮める、アレルギー抑制

感染における免疫反応など、アラキドン酸(オメガ6)が切り出されなければ起きません。つまり、免疫反応のトリガーとなるのがアラキドン酸(オメガ6)です。
一方で、感染が収束するとEPAやDHAが細胞膜から切り出され、これらが炎症を鎮めて免疫反応は終結します。

私たちが食べた物が消化され、小腸の絨毛で赤血球が造られます。また、赤血球の細胞膜には、その時に食べた脂質(油や脂)が入ります。また、赤血球は毛細血管末端から漏れ出し、各種臓器細胞に接してその細胞に変化(分化)します。
ウイルスなどの感染が起きると、細胞からアラキドン酸(オメガ6)が切り出されて炎症を促します。すると、その周囲の血管が拡張し、そこから赤血球が集結すみやかに白血球に変化します。

実は、多くの方は、食生活により自らの細胞に爆弾をしかけています。それが、細胞膜に含まれるオメガ6脂肪酸の量です。サラダ油や植物油脂、トランス脂肪酸の摂りすぎにより、各種細胞の膜に含まれるオメガ6が多すぎる一方で、オメガ3は大きく不足しています。そのため、ほとんどの人の体は慢性炎症が起きています。

酸化グラフェンやスパイクタンパクで血栓ができやすくなり、サイトカインストームが起きて重症化しやすくなります。

〜オメガ3脂肪酸の接種源とは?〜
オメガ3が豊富な食材。
青魚と亜麻仁油、えごま油。

オメガ6の摂取量を減らした上で、
・魚を毎日1匹食べる
・DHA・EPAのサプリメントをとる(1日量を3回に分けてとる)


〜ワクチン接種者が生き残るための短期的な対処と長期的な対処〜
1、短期的な対処
・スパイクたんぱくと酸化グラフェンの解毒
・重金属の解毒
・寄生虫の駆除
2、長期的な対処
・ワクチンで遺伝子を改変された細胞のアポトーシス
・良質な赤血球が生じるための食生活

※スパイクたんぱくと酸化グラフェンの解毒
酸化グラフェンの解毒に効果があるのがグルタチオン、亜鉛、5Ala、松葉茶、緑茶粉末など。
スパイクたんぱくの解毒に効果があるのが松葉茶や緑茶粉末など。

※重金属の解毒
重金属の排泄(解毒)に効果があるのが含流アミノ酸。
含流アミノ酸を多く含む食品。
イワシ・サンマ・アジ・青背の小魚。
硫黄化合物である硫化リアルは、ニンニク・ニラ・ネギ・タマネギなど。
パクチー:大さじ1杯分のパクチーを3週間食べ続ければ、体内の重金属はほぼ除去できるようです。

※寄生虫の駆除
イベルメクチンは経口駆虫薬で、この薬はワクチンに混入した寄生虫の駆除効果もあるようです。
イベルメクチンの服用方法は以下を参考にしてください。
@hikaru1032さん 「イベルメクチン導入マニュアル」完全版

※ワクチンで遺伝子を改変された細胞のアポトーシス
生物学は三つの大きなウソをついていた。
・生命を支配しているのはDNAに書き込まれた遺伝情報
・赤血球の働きは酸素を運ぶだけ
・赤血球は骨髄で造られる

事実は次の通り。
・消化された食べものが小腸で赤血球となる
赤血球は白血球に変化(分化)し、細胞に変化(分化)する
赤血球は毛細血管末端から間質に漏れ出し、接した臓器の細胞に変化する
・変化した細胞には核やDNAが生じる
・ウイルスや細菌に感染すると、かけつけた赤血球が白血球に変化し免疫反応が起きる
断食や節食、あるいは病気のとき、すべての組織細胞は赤血球に逆戻りする

なお、肉や魚、生鮮食料品以外は食べないことが大前提です。すべての加工食品やコンビニ弁当、お惣菜、菓子類、アイス類、ジュース類、ファーストフードなどは禁止です。

※良質な赤血球が生じるための食生活
食事が赤血球となる。ワクチン接種者がもっとも重要なことは赤血球の細胞膜に入る必須脂肪酸(オメガ6とオメガ3)のバランスです。
新型コロナの重症化に「血栓」や「サイトカインストーム」、ワクチン接種者の副反応に「心筋炎」や「脳梗塞」などがあるが、血を固め、炎症を促すオメガ6が過剰にとっているとこれらの弊害は強く現れます。オメガ3の摂取量が少ない人は、なお更その傾向が強くなる。

つまり、オメガ6を大量にとればとるほどワクチンの副反応は強く現れる傾向となりますし、酸化グラフェンやスパイクタンパクによる「血栓」や「サイトカインストーム」のリスクも高くなります。

対処法
・サラダ油や植物油脂、トランス脂肪酸をとらない(使わない):炒め物、揚げ物は食べない
1日青魚を半分以上(鯖缶半分など)
オメガ3サプリメントの服用(DHA・EPA・えごま油など):1日分を3回に分けてとる

市販のパンやマーガリン、マヨネーズ、ドレッシングなども含め、加工食品や調味料も危険です。揚げパンや天ぷら、トンカツ、コロッケなどワクチン接種者にとって自殺行為です。

血流改善について
赤血球の形が変形している可能性がある。
毛細血管末端は赤血球よりも狭く、赤血球はグニュっとつぶれてその狭いところを潜り抜けています。
いくら松葉茶や緑茶粉末で解毒を続けても、その一定量は血管壁や赤血球、細胞に突き刺さって炎症を促すことになります。その際の血栓予防の意味でも二酸化塩素は必須と考えています。


※イベルメクチン関連
「イベルメクチン導入マニュアル」完全版
@hikaru1032さんのツイート

※MMS(二酸化塩素)関連の記事
【MMS】入門編〜どんな病気・体調不良に効くの?
https://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=260059
自閉症、強迫神経症、アルツハイマー、花粉症、転移性乳がん、腸がん、癌(骨)、アレルギー性鼻炎、膀胱がん、乳がん、子宮頸がん、食道がん、肺がん、強直性脊椎炎、リンパ球性白血病、白血病、関節炎、リンパ腫、コレステロール、寄生虫の排泄、背中の痛み、慢性疲労、肥満軽減、ワクチンの除毒、肝硬変、風邪、インフルエンザ、高血圧、糖尿病、便秘、クローン病、貧血症、盲目、白内障、動脈の詰まり、心臓病、心臓発作、重金属、肝炎、ヘルペス、HIV(エイズ)、骨肉腫、虫刺され、その他

二酸化塩素はコロナ変異株とワクチンの毒素に中和効果あり; 大幸薬品, 研究論文(原文和訳)
https://ameblo.jp/nikichi0901/entry-12697352859.html

うわさの安定化二酸化塩素MMS買ってみたよ
https://ameblo.jp/hikarugennji/entry-12613717551.html

支配層がなんとしても潰したいMMS(二酸化塩素)は最高のデトックス!
https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12621844451.html

ヒドロキシクロロキンが有効なのは #二酸化塩素 が含まれているからです
完治成功率は99%以上を証明しても政府は許可を与えない
治療困難の重症患者でも完治成功率99.3% 25か国5000人以上の医師がこの治療実施
体内に酸素を隅々まで運ぶスーパーパワーも判明

https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-5622.html

【酸化グラフェン】【ナノチップ】【得体の知れない寄生虫】も‥
全て、二酸化塩素水(MMS)で‥簡単に解決出来ちゃいます

https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-5821.html

MMS(安定化二酸化塩素)を飲むと、どうなるか。
●病原菌を殺す
まず、MMSはウィルス、バクテリア、細菌、カビ、イースト、寄生虫といった嫌気性微生物を破壊します。
これらは病気の原因となる病原菌です。
この破壊作用を示す多くの証拠があります。
この破壊作用は、たいてい4時間から4週間の間に起こりますが、ほとんどのケースでは1週間以内です。
この破壊作用にはすべての形態の感染体とその他の微生物が含まれます。
さらに白血病などの血友病も含まれます。
人類を苦しめている病気の大半は病原菌に由来するものです。

●重金属を中和、排出する
次に、MMSは体内の重金属を酸化します。
MMSを飲む前と飲んだ後に実施した毛根検査によって効果が証明されています。
MMSを飲んだ後では、重金属は消失しました。
これらの重金属には、水銀、鉛などが含まれています。
重金属の酸化はキレートのプロセスとは違いますが、結果は同じです。
重金属が酸化されると、中性になって、体外へと洗い出されます。

●体内毒素を中和、排出する
次に、MMSは全身へと搬送されて、通常は人体にとって有毒となる異物を中和します。
この毒物が酸化されるときは中性になってから体外へと洗い出されます。
ほとんどすべての毒性物質は酸性を示しますから、MMSは化学的、自動的にそれらに作用します。
これらの毒性物質は、体内の随所に付着していて、人体の機能を妨げています。
毒性物質が酸化されると、付着していた場所にはもはやとどまることができず、体外へと洗い出されます。

●毒ヘビ、食中毒の毒を解毒、中和する
さらに、毒ヘビなどの有毒な動物の毒素も、MMSを適切な量で摂取することにより、酸化し、解毒することができます。
また、冷蔵庫やレストランに巣食う食中毒の原因となる毒素も、酸化し中和します。
ですので、食中毒の疑いがある場合は、すぐにMMSを摂取してください。

デトックス効果も
体内にある有害物質の多くは酸性のため、二酸化塩素はそうした有害物質を中和する働きもする。
また、MMS の服用前後で毛根を検査したところ、重金属(水銀、鉛など)が消失したことが分かっています。

免疫を強化する
二酸化塩素が変化(劣化)する際に生じる化学物質に、免疫システムが必要とするミエロペルオキシダーゼ(MPO)がある。
免疫システムは、このミエロペルオキシダーゼを利用して、次亜塩素酸(hypochlorous acid)を生成しています。

※日本酒のアルコール分が酸化グラフェンを分解、5ALAがスパイクたんぱくを除去
新型コロナの防御法とは、日本が一番!日本食が一番!だった!
有害残留物除去

https://quasimoto3.exblog.jp/241182279/
アミノ酸5ALAがSタンパク質を分解する。これを含有する食材が以下のもの。
甘酒  6.0
赤ワイン 3.0
K酢 1.50
たこ 0.78
日本酒 0.70
しいたけ 0.45
いか 0.38
バナナ 0.32
納豆 0.25
醤油 0.22
ソース
(ppm)
あるいは
5ALA
日本酒 350
ワイン 170
黒酢 150
たこ 78
しいたけ 45
いか 38
バナナ 32
納豆 25
醤油 22
ソース 21
ピーマン 18
ほうれん草 14
巨峰 14
トマト 10
牛ひき肉 10
じゃがいも 9
大豆 7
酸化グラフェンは自然に体内にできる好中球の餌になる。
だから、酸化グラフェンはリピッドの殻の中にいるから、リピッドを分解するためにアルコールが必要。
日本酒には、S蛋白を分解する5ALAとリピッドを分解するアルコールの両方が豊富に備わる。
というわけで、
日本酒こそ、お神酒。
すなわち、
日本は神の国だった。

酸化グラフェンは体内の酵素で無効化?お酒を売らせたくない理由
https://kovlog.net/graphene-alcohol-decompose/
新型コロナウイルス(COVID-19)の正体は酸化グラフェンで、マスクやワクチンの中にもこのグラフェンが入っているという話があった。
さらに、その追加情報として「グラフェン」は酒とタバコで分解できるという話も出てきている。
ミエロペルオキシターゼという酵素が酸化グラフェンを分解
厳密には、ヒトの白血球の一種である好中球の中には「ミエロペルオキシターゼ」という酵素がある。
この酵素がカーボンナノチューブ(グラフェンシート)を分解する。
そして、酒とタバコを接種することにより、この酵素が体内でたくさん作られるようになるという。
酸化グラフェンは分解され体外へ排出される
酸化グラフェンはミエロペルオキシターゼに分解された後、体外へ排出されてしまうため、グラフェンを体内に留めておくためにも、定期的にワクチンを打つ必要がある。
年に数回のワクチン接種が計画されているのはこのためだとか。
酒の提供を制限するのはグラフェンの効果を上げるため


※参考動画(文字起こし)
〜「スラミン」(松葉茶)〜

細胞を強固にするんです。全てを強く保てたら、私たちのRNAは、その細胞から「芽を出さない」んです。
何か方法をご存じでしょうか?今回の注射により健康被害が出た場合の回復方法について、何かありますか?
対策はあります。連中は人々に注射などしませんよ、解決法を知らなければ。
スラミンです。S-U-R-A-M-I-N
これは最も重要な解毒剤です。
100年前からある、見過ごせない薬剤です。
WHOモデルリストに載る、アフリカ睡眠薬のための薬です。
極少量のスラミンを投与するだけです。
自閉症をリバースします。
https://twitter.com/purplep76858690/status/1394929930408914944





〜腸内環境・オートファジー〜

スパイクを解毒する最も具体的で有効な方法(バナナ園TV のヘルシー断食ダイエット)
https://youtu.be/-pXjeb2bGvc

免疫を整えておかなければいけない。
一番最初にやっておかなければいけないことは、腸内環境を整えるということですね。
これは通常の免疫、ここまでいろいろ起きてしまうと本当に体というのはパニックです。
そうすると何もできなくなってしまうので、まずはここを万全にしておくということですね。
免疫の最前線は腸内環境が大事です。
なのでここは盤石にしておくというのがすごく大事になってきます。

2つ目、ここが肝になってきます。
何かというと、オートファジーです。

オートファジーは何かというと、体の中でお掃除をしている役だと思ってください。
体の中のゴミをきれいにきれいにお掃除してくれる役割なんですけども、どんどんゴミになるものが供給されてるとですね、働かなくなってしまって、今、日本人食べ過ぎてしまって、このオートファジーというのは働いてない状態になってるんですよね。
どうしたら活性化するか?
こいつは何をしてくれるかというと、ゴミになったタンパクとか、ウイルスだとか、細菌だとか、要は不要なものをとにかく分解しまくって、新しく自分の細胞の材料にしてしまうという素晴らしい仕組みなんですね。
この素晴らしい仕組みが本来、生物には備わっているんですけども、食べ過ぎしまうとですねこのオートファジーというのがエネルギー過多になってしまうとどうしても働かない。
オートファジーの一番簡単な活性化のさせ方というのは何かと言うと、16時間断食なんですね。

東京工業大学はですね、このオートファジーのですね、世界でも一番の研究元になっているんですけども、そこでmRNAを分解するんだというのをちょっと前に発表しています。
つまりはこういったもの(mRNA)も分解してくれるということですね。


ただここでポイントになってくるのは、オートファジーを活性化する時にはですね、どうしてもこいつをブロックするやつがいるんです。
一つはアミノ酸です。もう一つはブドウ糖です。
この2つがあるとオートファジーを止めてしまいます。

高たんぱくだとか、高糖質はオートファジーをブロックしてしまうので、まずはこの辺を少なくするということです。
特に糖質ですね。ブドウ糖は相当やっかいです。腸内環境も悪くしますし、他の免疫で炎症も起こして他の仕事も増やしてしまいますので、とにかくブドウ糖は今の時期、注射する人は特に精製されたブドウ糖だとかですね、糖質と言われているものですね、小麦粉製品だとか、お米だとか白米だとかですね、そういったものは注射する前はカットするということです。
・ブドウ糖果糖液糖
 (甘いジュース)
・精製された穀物など

あとは体の中の炎症が起きていることは非常に不利になりますので、とにかく炎症を起こさないようにする。
ストレスを出来るだけ感じないようにするだとか、タバコ吸わないとか、お酒を控えるとかですね。
ビタミン類を摂るとか新鮮な野菜を食べるだとか普通の良い生活、ストレスのないようにするのが大事になってきます。
・ビタミンA、C、D、E
・ミネラル(亜鉛やMg)
・水溶性食物繊維
・ファイトケミカル
・抗酸化作用のあるもの
・重曹
・リンゴ酢やクエン酸



〜ユーグレナ、パラミロン、クロレラ、みどり麹)〜

どうやって解毒する?(自然整体ウツロイ)
https://youtu.be/5ICOprSYM20

解毒するために何が必要でしょう?これだけは押さえておきましょうと言われるのが、ヨウ素だったり亜鉛だったりとか、カーボンとかですね、腎臓とか肝臓とかの解毒をしていくものとか、あとは何とか茶とかありますけども、どこを解毒するかというと甲状腺とか肝臓、腎臓、だいたいこの辺をデトックスしていくのばっかりなんですよ。
この辺を解毒して解毒力を上げるものに関してはいいのかなと思うんですけども、やっぱりもうちょっと必要なのかなと思います。
亜鉛とかヨウ素とか出されても、それだけ単品では動かないよってことなんですよ。
けっきょくはバランスが必要になってくるので、他の栄養素がないと働けないということになってきますから、マルチ的な栄養素を摂らないといけない。

体や腸内の環境だったり解毒を促してくれるものっていうのはずっとボクがお勧めしている「ユーグレナ」さんの方ですね。
パラミロンというのがあるんですけども、腸内のデトックスっていうのをしてくれるので、こっちの方がええやろって話になるわけですよね。


栄養素にしろ、ミネラル分にしろビタミンにしろ亜鉛もヨウ素も全部ひっくるめて含んでいるし、カーボンよりもすぐれた役割を持っている。免疫の代わりもしてくれる。

ユーグレナ(商品・サービス、ヘルスケア商品)
https://www.euglena.jp/product/


あとは、真菌、カンジタ菌だったりとか、重金属類とかっていうものに関して、スパたんの保護膜がありまして、重金属を抜いてくれるのが「クロレラ」。
あと、活性酸素の除去だったり、炎症成分の除去に関しては、みどり麹ですね。
ビタミンCとかビタミンEっていうのは要は酸化物質に対して、1分子に対して1回の攻撃で終わりなんですよ。
みどり麹の場合は、1分子に対して金太郎飴のような感じで、何個も何個も攻撃するたんぱく質を持っているんですよ。
1個消えてもまだ後ろに抗酸化物質が残っていて、金太郎飴みたいにずっと解毒力を持っているわけなんですよ。
15日間ぐらい持続力を持っている。


元々備わっている解毒力をしっかりと働けるようにしておかないといけない。
けっきょくは腸内環境なんですよ。腸内が整ってないといけないから、腸内を乱すようなものが入ってくるとダメになるんですよね。
パンとか牛乳とか、食品添加物とか農薬とかが腸内に入ってくることによって独自の解毒システムが阻害されてしまう。
解毒することが出来ないのでダメージがすごく大きくなってしまう。
腸内が乱れた時に、何とか茶とか放り込んだとしても、そもそも腸内が乱れていたら何の意味もないということになります。
もちろん、腸内が乱れていたら、ユーグレナだろうがクロレラだろうが入れても意味がないと思います。
結局は、パンとか牛乳とかを減らしていかないといけないのかなと思いますね。
農薬や食品添加物から逃れるのはかなり難しいことになりますけども、固形物としてドカンと入ってくるパンとか小麦食品、うどんとか、ピザとか、ケーキだったり、牛乳だったり、そういう乳製品ですね、そういうものが入ってくると腸内がかなり乱れてくるのでそもそもの解毒力が無くなってきてしまうことになりますから、まずそこからもう一回見直して変えないといけないということですね。



〜味噌(味噌汁)〜

接種者も未接種者も、発症を抑えるには、科学的に立証済みの日本食が誇る【大豆の味噌】をなるべく品質が良いものを選び毎食毎食必ず摂取すると完璧に発症を抑えることができる。


毒ワクチンを射った方も、毒ウイルスワクチンを射った方からの人工毒ウイルス変異株の再々感染を恐れる方も、【人体免疫機能に必須なアミノ酸9種類が全て揃う大豆の味噌を毎日少しずつでもいいから摂取してください】完全に防げます。と云うよりこの方法しか防ぐ手立てはありません。


日本独自の大豆味噌は平安時代より天然痘etc,感染症対策や劣悪な戦場の兵糧の実績あり
薬効救命の証し
さらに放射性物質 過剰なミネラル 重金属類 ワクチン毒 病原性タンパク質を効果的に体外排出新陳代謝
自然免疫の正体マイクロバイオームの優良餌である必須アミノ酸9種入り


全国の味噌 まさきや
https://www.omisoya.com/



松葉のアミノ酸の種類(お松を愛する会)
https://omatsu.club/2020/03/26/post-1032/

赤松に含まれるアミノ酸は24種類
赤松に含まれるアミノ酸は24種類のうち、たんぱく構成アミノ酸として20種類が確認されています。人間の体内で十分な量を合成できずできず食品から摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸の全てと人間の体内で合成される11種類の非必須アミノ酸の全てを松葉から摂ることができます。

9種類の必須アミノ酸


11種類の非必須アミノ酸





















  コロナワクチン(スパイクたんぱく)解毒情報











※追加ページ























































































































































































HP管理人 カズ

このホームページでは、テレビでは放送されることのない新型コロナやワクチンの裏情報だけを集めて紹介しています。

このホームページの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

このホームページは、全てのページがリンクフリーです。
HP管理人に断りなく自由に拡散してください。