本文へスキップ

COVIDワクチン ナノテクノロジー

COVIDワクチン ナノテクノロジー

このページは、「COVIDワクチンの中身は、人体を監視するナノテクノロジー」の動画を文字起こしした内容のページです。

COVIDワクチンの中身は、人体を監視するナノテクノロジー
https://rumble.com/vr15w3-covid.html

こんにちは、あなたはヒューゴトークを聞いているので、これを紹介しようと思います。
これはスペインの科学者、ラ・キンタ・コロマ氏によるものです。
彼らは、ジブジャブ(ワクチン接種)があなたの体を徐々にナノネットワークに変化させていると主張しています。
ルーター化するようなものです。
さて、私はあまり技術的なことには興味がないのですが、それは彼らが何を言っているのか本当に分からないからです。
しかし、これは彼らの主張です。
私はこれを主張しているわけではありませんが、興味深いので、皆さんにも見ていただこうと思います。
そして、あなた自身がどう思うかを判断してください。
つまり、基本的に彼らが主張しているのは、誰かが(ワクチン接種)を受けるたびに、それが体内ナノネットワークを構築しているということです。
このネットワークは、国民が接種を受けるたびに形成されると言っています。
カーボンナノチューブ、グラフェン、超電導体ハイドロゲルグラフェン、量子ドット、複数のナノルーターが体の特定の部分に付着していることについて述べています。
そして、これらは電気パルス信号を受信するために、独自のMacアドレスを持つことができるという。
さらに、イーロン・マスクと何千ものスターリンク衛生が、これに大きく関わっていると主張しています。
つまり、彼らはあなたをルーターに変え、あなたを知ることができるようにしようとしているのです。
つまり、あなたの家にあるインターネットで使うルーターのようなものです。
この注射を打ち続ければ、最終的にはルーターそのものになると言われています。



信号を拾って、信号も送る、つまり5Gです。
彼らは、あなたの心拍やその他の生体計測をモニターすることができるようになると言っています。
あなたは接続そのものになります。
パスポートやスマートフォンを使うよりも、さらに一歩進んだものになるのではないでしょうか。
つまり、あなたがインターネット接続、実際のルーターになり、どこに行っても、一定量のワクチンを打てば信号を発するようになるのです。
そうでない場合は、電波を発しない。
とにかく、私はそう考えています。
もしかしたら、私が間違っているかもしれませんので、コメントで訂正してください。

彼らは、それがすべてファイザーワクチンに基づいていると言い続けています。
カンプラ博士が体内ナノネットワークの光学および電子顕微鏡コンポーネントを通して入手したファイザーワクチンです。
確認されているものは、カーボンナノチューブとその誘導体、グラフェン量子ドット、ハイドロゲルスイマー、グラフェン・フラクタル・ナノアンテナ、ナノルーターまたはナノコントローラー、CODEC、ナノインターフェイスなどです。
そう、通信で情報を暗号化するためのエンコーダーです。
非常に複雑ですが、理論的には、十分な量の注射を打つと、注射を打つたびに、このテクノロジーがあなたの中でリンクし、最終的には、このすべてのナノテクノロジーがリンクして、あなたを変えてしまうのです。



あなたがどこにいてもスターリンク衛生が受信し、ルーターアンテナ(あなた)になり、信号を受信し送信する。
それは面白い理論です。ジャブは獣のマークなんだ。
ただ、それは段階的に行われているのです。
終わりは、私は知りません。
もしかしたら、私の受け取り方が間違っているのかもしれません。
私はただ、これをあなたと分かち合っているだけです。
どう思うか教えてください。
ここにいくつかのクリップがあります。
そして、私がこれを見つけた、PDFや詳細が含まれるページへのリンクを以下に貼ります。
また、感想聞かせてください。

体内ナノネットワーク 簡単な概要

今、私たちはある偉大な科学者によって作られた要約を見ますが、その科学者は皆さんよくご存じのペンネームで保護されています。
彼は、カンプラ博士が行ったワクチンの分析から得た科学文献のパラメーターを用いて、すべての画像を特定しました。
見てみましょう。画像を共有しましょう。
さて、皆さんはスクリーンを見ていますね?そうです。素晴らしい。
科学者のペンネームはミク・アンダースンです。

これから、体内ナノネットワークとは何かということを簡単に説明します。
ナノテクノロジーの話をしましょう。
具体的には、エリートが何をしようとしているのかについてです。
それは、未来やこの作戦の目的であり、イーロン・マスクが重要なピースとなるものです。
イーロン・マスクが何千もの衛生を宇宙に打ち上げられるように、誰が許可を出したのか考えたことがある人はいますか?
彼はフリーハンドを持っています。それが目的の一つです。
そしてまた、エリート計画の一部でもあるのです。

さあ、はじめましょう。
体内ナノネットワーク図です。
この図を見てください。
この図によって、すべてが理解できます。



この図には、予防接種のたびに体内に導入されるすべてのコンポーネントが示されています。
これがネットワークとなって、人体を監視しているのです。
そして、一方では、私が言うように、モニタリングについて話しています。マッピングです。
しかし、おそらく最も心配なのは、これはもう、あなた方が家畜のように烙印を押されたから心配なのです。
しかし、一番心配なのは神経刺激です。
つまり、ルーターは信号を送るだけでなく、それを受け取ることもできるのです。
この場合、これらのナノルーターは、バイタルサイン、心臓の活動、注意力、血糖値などの情報を送ることになります。
信号を送ることもできるのです。
信号を送った結果、生物学に変化が起こることもあるのです。
脳内ネットワークであれば、行動の変化も起こります。
この場合は、体内ナノネットワークの話です。
この2つが組み合わさることで、人体をモニターするネットワークとして機能するのです。
これらの画像は、科学文献から抽出されたもので、カンペラ博士によって入手されたファイザー社ワクチンの光学および電子顕微鏡で比較したものです。

体内ナノネットワークの構成要素です。
カーボンナノチューブとその誘導体、グラフェン量子ドット、ハイドロゲルスイマー、グラフェン・フラクタル・ナノアンテナ、ナノルーターまたはナノコントローラー、CODECまたはナノインターフェイスが確認されています。
いいですか?つまり、通信で情報を暗号化するためのエンコーダーです。
解読される技術について話していますが、非常に高度な軍事技術であることを忘れないでください。
そしてもちろん、市民社会の背後で開発されたものです。
実際、これをワクチンだと考えていた市民社会の80%に烙印を押されたのです。
ですから、まずは、すべての情報をリセットして、衝撃的であっても正しいものを提供することです。
ナノ・ネットワークのトポロジー(モデル化)では、ナノノード、ナノセンサー、ナノコントローラー、ナノインターフェイスについて話しています。

これは概要図です。
”電磁波ベースのワイヤレス・ナノセンサーネットワーク:アーキテクチャとアプリケーション”



ここで私たちは、偉大な科学者のペンネームであるMik AndersenがCorona2inspectブログで、カンプラ博士が既に分析したファイザー社のワクチンに見られるパターンと、科学文献にある全てのパターンを画像に基づいて特定したときに述べたことと非常に近づいているのです。
もしあなたが知らないでワクチンを接種したのなら、あなたの体内にはナノセンサー、ナノテクノロジーのナノルーターがあり、一方ではその人のすべての生物医学的、電気生理学的マーカーを集め、他方では自然のものに代わる人工の神経細胞ネットワークを刺激しているということを知っておくべきです。
したがって、奇妙な行動が起こったり、ワクチンを接種している人は、特に奇妙に感じたりするかもしれません。
言ってみれば、技術的な寄生虫の話です。
もちろん、酸化グラフェンを使って実施します。
拡大して、この論文を見てみましょう。
この論文では、”ナノ材料とナノ技術の最新の進歩は、ナノメートルサイズの集積デバイスを構築する道を開いた”と言っています。
ここで、ナノテクノロジーは、市民社会に背を向けて、かなり長い道のりを経て、このようになったのだと言っています。
”ナノ・ノードと呼ばれています”
残念ながら、私たち医師はこのことを全く知りません。
それなのに、ワクチン学の世界では最大のスポークスマンに仕立て上げられています。
ナノノードは、ナノプロセッサー、ナノメモリー、ナノバッテリー、ナノトランシーバー、ナノアンテナ、ナノセンサーで構成され、ナノレベルで動作します。
これらは、センシング、計算、アクチュエーションなどの単純なタスクを実行することができます。
マイクロデバイスとナノノード/ナノセンサーの相互接続は、ワイヤレス・ナノセンサー・ネットワーク(WNSN)と呼ばれる新しいネットワーク規格の開発を可能にしています。
この論文は、ワイヤレス・ナノセンサーネットワーク(WNSN)、そのアーキテクチャ、アプリケーション領域、および様々なアプリケーション・ドメインでの実装の機会を特定しながら対処する必要がある課題について、詳細なレビューを提供します。
つまり、私たちが既に知っている通信技術を再現するナノテクノロジーの話です。
しかし、この場合、体内です。
ナノコミュニケーションについて話しているのです。
そして、これがワクチンです、皆さん。
ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、ヤンセンのワクチン。
全てはナノ通信のためのナノテクノロジーです。
つまり、ワクチンを接種した人は、Bluetoothの無線技術でMACアドレスを発信します。
ルーターであるかのように信号を受信することもできるのです。
いつでもチェックできます。



まあ、ここにPDFがありますから、ダウンロードしてください。
もちろん、ここに表示される資料は、どこかに表示されているはずです。同じ資料です。
これです。
”アンテナ、特にグラフェン・ベース”
読めますか?
ハイライトしてみます。そうすれば読めるかな?
”グラフェン”
これだ、ほら、これしかない。

ワクチンに含まれるグラフェンを隠そうとする理由がわかりますか?
あるいは、グラフェンが接種者に引き起こす磁気や生体磁気は?理解していますか?
彼らは犯罪者のようにそれを否定しています。
論理的には、これらの人々をすべて刑務所に入れることが必要です。


体内ナノネットワーク 簡単な概要


























COVIDワクチン ナノテクノロジー











※追加ページ























































































































































































HP管理人 カズ

このホームページでは、テレビでは放送されることのない新型コロナやワクチンの裏情報だけを集めて紹介しています。

このホームページの目的は、テレビの情報に騙されている人たちに”気づき”を与えることです。

テレビでは語られることのない情報を知る(知識を増やす)ことによって、ニュースを見て「何かおかしいぞ?」と気づいてほしいと思っています。

このホームページは、全てのページがリンクフリーです。
HP管理人に断りなく自由に拡散してください。